派遣からの転職

派遣から正社員へ!30代のあなたが考えるべき「3つの選択肢」

投稿日:2019年8月5日 更新日:

「私、このままずっと派遣でいいの?」
「将来のことを考えると不安でたまらない・・・」

ずっと派遣社員として働いていると、漠然とこういった何とも言えない不安に押しつぶされそうになってしまうことってありませんか?

特に30代になると「もう手遅れなんじゃないか」「今さら正社員になれないんじゃないか」とつい不安になってしまうんですよね。

でも、大丈夫です。

実際に私は33までずっと派遣だったのですが(一般事務で7社を転々)、それでも晴れて「正社員」になることができました。(しかも超・ホワイト企業)

そこで、今回は改めて「派遣」から「正社員」になるための方法をご紹介したいと思います。

具体的には3つあります。

それぞれのメリットデメリットを踏まえて、ぜひあなたに合った方法を選んでくださいね。

 

スポンサーリンク

派遣から正社員になる具体的な3つの方法

派遣から正社員になるためには、具体的に以下の3つの選択肢があります。

  1. 派遣として3年経過後、派遣先の直接雇用になる
  2. 転職エージェントを利用して転職活動する
  3. 紹介予定派遣制度を使う

 

派遣として3年経過後、派遣先に直接雇用の依頼をする

「今働いている職場でそのまま正社員になりたい!」というのなら、3年経過後に直接雇用の申し入れをすることができます。

これは、派遣法が改正されたことによってできた「3年ルール」の一環ですね。

派遣社員は同じところで3年間働けなくなった代わりに、その後の選択肢のひとつとして派遣先に「正社員にしてください!」と(派遣会社経由で)お願いすることができるようになりました。

派遣先での直接雇用のメリットは、何といっても

  • すでにその職場を熟知しているので、躊躇なく正社員になることができる
  • 派遣期間中にある程度の人間関係を築ける

といったこと。

一方、デメリットは

  • 派遣社員をそのまま直接雇用してくれる企業がまだまだ少ない
  • ふたを開けたら正社員ではなく「契約社員」や「アルバイト」の可能性もある
  • 応募できる先が1つ(今の派遣先)しかない

といったことがあります。

そして、現在はこの「デメリット」の方が結構深刻になっています。というのも、現に多くの派遣社員が契約3年になる直前に「雇い止め」されているからです。

【派遣社員の直接雇用】3年直前で雇い止めする会社が多数!これが合法っておかしくない?

  1つの職場で【3年】派遣社員として働いたら 派遣先の企業で直接雇用してもらえるよう、派遣元が依頼することができる。 派遣先の企業はその依頼を受け入れる「努力義務」が発生する 2015年に ...

続きを見る

参考【派遣社員の直接雇用】3年直前で雇い止めする会社が多数!これが合法っておかしくない?

派遣先としては「せっかくコスト削減のために派遣社員を雇ったのに、わざわざ正社員になんてしたくない」といったところなんですかね。

なので、たとえ直雇用になったとしても、ふたを開けたら「契約社員」「アルバイト」という可能性も十分にあります。

また、応募先が1つしかないので、いくら希望をしても派遣先がNOと言えば終了…という厳しい面もありますね。

日本労働組合総連合会によるインターネット調査によると、無期への転換申込みをした派遣社員のうち25%は無期になれなかったそうです。

 

特に、派遣社員をたくさん雇っているところや大手の会社などは、そう簡単には直接雇用してくれません。

このツイートで述べた通り、今の派遣先でそのまま正社員になれたら「かなりラッキーな人」と言えますね。

関連

ちなみに、雇用安定措置のひとつ「派遣元の無期雇用」は「正社員」ではないです。

ずっと働いていても正社員になれる可能性は限りなく低いので、将来正社員!という人は、くれぐれも安易に無期雇用を選ばないようにしてくださいね。

参考派遣の無期雇用はデメリットしかないと思っているあなたへ。その考え間違っていません。

 

転職エージェントを利用して転職活動をする

そして、正社員への道として王道なのが「転職エージェントやを使って転職活動をする」という方法です。

転職エージェントのメリットとしては

  • 最初から「正社員」のみに絞って仕事を探すことができる
  • 求人の数が多い
  • 面接や職務経歴書の添削を行ってくれる
  • 業種や仕事内容によって、派遣時代よりも大幅に年収がアップする可能性が十分にある

といったことが挙げられます。

特に転職エージェントは、あなたの代わりに案件を紹介してくれますし、面接の日程も調整してくれるので働きながらでも効率的に動くことができます。

また、面接や職務経歴書の添削も行ってくれるので、よりブラッシュアップした状態で面接に臨むことができるのも大きいですね。

一方、デメリットとしては

  • エージェントによっては「30代」「派遣社員」が不利に働くことがある
  • 転職エージェントにわざわざ登録しに行く必要がある
  • 担当者の当たり外れがある
  • いざ入ってみたら「あれ?なんか違う」となる可能性もゼロではない

といったことがあります。

基本、転職エージェントは企業によってターゲットが明確に分かれており、特に「人物重視」「学歴不要」のところのほとんどは10代や20代の若い世代をターゲットにしているところが多いです。

また、一般的に転職市場価値が低いと、なかなか案件を紹介してもらえないという事態も起こっています。

↓一般的に言われていること

「転職市場価値が低い」基準

  • 年収300万以下
  • 正社員のブランクが長い
  • 未経験から新たな業種に挑戦する
  • 年齢が高い人

もちろんエージェントによっては親身になってサポートしてくれるところもありますが、同世代で「元・正社員」というスペックのライバルたちがいる中で闘うためには、それに勝ち抜くための経験やスキルが必要になってきます。(30代は特に)

補足

ちなみに転職エージェントではないのですが、「ハローワーク」は個人的におすすめしないです。

というのも、私自身ハローワークで転職活動をしてかえって精神がやられ、しまいにはブラックに入社するという大失態をおかしてしまったからです。

ハローワークについては下記記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

参考ハローワークで転職は効率悪すぎ!私がハローワークをおすすめしない5つの理由

 

紹介予定派遣制度を使う

そして、3つ目の方法は「紹介予定派遣の制度を使って正社員を目指す」というものです。

紹介予定派遣とは、通常の派遣と違って最初から直接雇用されることを前提に一定期間派遣として働くシステムのこと。

最初の3~6ヶ月は「派遣社員」として働き、契約が満了した時点でお互いが合意すればそのまま正社員になることができます。

紹介予定派遣のメリットとしては

  • 派遣会社からスキルに合った紹介予定案件を紹介してもらえる
  • 通常の転職(正社員)面接よりもハードルが低く、面接に受かる確率が高い
  • 派遣からスタートなので、必要以上に気負いしなくて良い
  • 試用期間を経てから正社員になるため、正社員登用後のミスマッチを防げる
  • 派遣期間中に「ちょっと違うな」と思ったら正社員になる前に断ることができる

といった点があります。

①の直接雇用のように、正社員になる前に事前に環境を知ることができる、安心した状態で正社員になることができるというのは大きなメリットですね。

また、紹介予定派遣は「派遣」からのスタートなので、ガチガチ正社員の面接とは違って「ポテンシャル」や「やる気」をみて採用してくれることもあります。

一方で、紹介予定派遣のデメリットはこのようなことが言われてます。

  • 正社員求人数に比べて案件数が少ない
  • 正社員並みに厳しい面接があるところも少なくない
  • 必ずしも正社員になれるとは限らない
  • 雇用期間後に、派遣先からお断りされることもある

まず、紹介予定派遣は、正社員の求人に比べて圧倒的に数が少ないです。

なので、おのずと競争率もあがります。面接も「ガチ正社員」面接よりは難易度低いですが、はじめから正社員並みの面接を受けることもあるので気が抜けないです。

また、契約後に正社員になるかどうかあなたが決めることができる、イコール派遣先にも決定権があるということです。

必ずしもそのまま正社員になることができないので、派遣の期間にしっかりアピールする必要があります。

 

私は「紹介予定派遣」で正社員になりました

私はこの3つの中で「紹介予定派遣」を使って正社員になりました。

正式に言うと、最初は自分で転職活動をして20社以上惨敗。その後ハローワーク経由でブラック企業に入社した後、紹介予定派遣を使ったという感じです。

とは言ったものの、紹介予定派遣も甘くは無く、6社連続落ちました。

しかし、その原因を自分なりに突き止め、7社目で超・ホワイト企業に入ることができました。

↓落ちた原因、7社目に行った対策については下記記事にまとめています。

紹介予定派遣の面接で6社連続不採用!落ちた最大の理由は結局コレだった。

「会社のことをよく知ったうえで正社員になれるなんて魅力的!」 と思って受けた「紹介予定派遣」。 でも期待した分、営業担当から「今回は残念ながら・・・」と不採用の連絡が来るとかなり凹みますよね。 特に、 ...

続きを見る

紹介予定派遣はたしかにデメリットが多いと言われていますが、実際に受けてみるとそこまでのデメリットは感じませんでした。

むしろ、紹介予定派遣は大手の案件が多く、少なくともハロワより断然好条件のものが多かったです。

※私が7社目で利用した派遣会社は「テンプスタッフ」です。テンプスタッフについて詳しく知りたい方は「【失敗談あり】紹介予定派遣を目指すなら「テンプスタッフ」がおすすめです」を参考にしてください。

また、紹介予定派遣のデメリット(の噂)については下記記事にまとめました。

この記事を読めば、紹介予定派遣に対するイメージが少し変わるかもです。

紹介予定派遣の嘘ホント!「デメリット多い」「おすすめできない」の真相は?

正社員になる前に数ヶ月のお試し期間があり、納得した上で社員になれることで人気の「紹介予定派遣」。 ですが、ネットで調べてみるとやたらデメリットばかり強調されている気がします。 よく言われてるデメリット ...

続きを見る

参考紹介予定派遣の嘘ホント!「デメリット多い」「おすすめできない」の真相は?

 

まとめ:正社員になりたいなら「即」行動すべし!

今回は派遣から正社員になるための具体的な3つの方法について解説しました。

派遣として3年経過後、派遣先の直接雇用になる

転職エージェントを利用して転職活動する

紹介予定派遣制度を使う

共通して言えることですが、「いつか正社員になりたい」「このままじゃ不安だ」と思うのなら、今この瞬間から何らかの行動を起こしてください。

あとでいいや、もうちょっとしたら、などと思っていたら、いつまで経っても何も変わりません。

変わらなかったら、結局今のままです。いや、将来は今以上に大きな不安を抱えることになりますよ。

今一度言いますが、30代になってもあなたの頑張り次第でいくらでも派遣から正社員になることはできます。

次はあなたの番ですよ!

頑張ってくださいね!

 

 

スポンサーリンク

-派遣からの転職

Copyright© アラサー女の派遣生活 , 2019 All Rights Reserved.