転職

ハローワークで転職は効率悪すぎ!私がハローワークをおすすめしない5つの理由

2018年8月20日

正社員に転職したいけど、ハローワークって求人の質とか倍率とかどうなんだろう。

実際にハローワークを使った人のリアルな感想を聞きたいな。

 

「どうしても正社員になりたい!」
「一刻も早く正社員になりたい!」

そう思った時にまず考えるのが、「ハローワークで仕事を探す」ではないでしょうか?

 

ハローワークといえば、転職活動の王道ですよね。実際に私もハローワークで転職活動をしたことがあります。

 

でも、実際に私はハローワークを利用して、ぶっちゃけ「完全に時間の無駄だったな」と感じています。

 

厚生労働省が運営してるからしっかりしてるとか、良い求人がたくさんあるとか勝手に思っていましたが、全くそういったことはありませんでしたよ!

 

むしろ、私の場合2~3ヶ月ハローワークに入り浸りましたが、結局嫌な思いをたくさんして終わりました。

ハローワークはブラックな企業が多い

いきなりですが、これが私がハローワークをおすすめしない最大の理由です。

 

ハローワークは、たしかに求人数は多いです。毎日更新されますし、事務職だけでも検索をかけるとかなりの数ヒットします。

 

でも、詳細を見てみると

  • 「年間休日数87日」
  • 「夏季休暇(3日)、冬期休暇(3日)」
  • 「通勤手当:上限200円」
  • 「月給138,000円」

と、思わず「えぇぇ?」と目を疑いたくなるような求人が意外と多いです。

 

それもそのはず。

ハローワークは企業が【無料で】求人掲載できるので、たとえ人材募集にお金がかけられないようなブラック企業でも簡単に募集できてしまうからです。

 

中には、毎回たくさん人が辞めてしまうので「(お金がかからない)ハローワークで募集しないとやってられない」という企業もあったりします。

 

もちろん、ハローワーク側から「ここはブラックだから気を付けた方がいいよ!」なんて警告もないので、一歩間違えるととんでもない会社に応募してしまう可能性も大です。

 

※ちなみにカラ求人も多く存在します。

ハローワークで今まで派遣で経験してきた好待遇を正社員でも受けたい!と思ったら、いざ求人を見てガッカリしてしまいますよ。

 

ちょっとでも良い求人があるとめちゃくちゃ倍率が高い

そんな状況なので、ちょっとでも好条件・好待遇の案件があると必ずと言っていいほど応募が殺到します。

 

実際、私もたまたまものすごく良い条件の案件を見つけて「ぜひ応募したいです!」と言ったら、その時点ですでに60人が応募していました。(面接の段階では80人を到達していたそうです)

さくら
結局、考えることはみな同じなんですよね。。。

 

ちなみに、それでも「受かるかも!」と思って受けましたよ、その会社。

でも、応募者が多数いるからか面接自体もかなりサッパリしたもので、あっさり落とされてしまいました。

 

もちろん、私の実力が足りなかったのが一番の原因なのですが、それでもここまで倍率が高いと一気に自信を無くしてしまいます。

たとえ良い案件があっても、これを繰り返して勝ち残らなきゃいけないのか!!

と悟った時の絶望感。。。

特に私は氷河期世代なので、あの辛かった就活時代の再来か!と思うくらい辛かったです。

 

相談員の質が悪い

 

ハローワークに行くと、求人の相談に乗ってくれる『相談員』がいます。

相談員と言うと響きはいいですが、私の場合、当たった相談員はみんなお世辞にも質がいいと言えなくて、かなり不快な思いをしました。

 

なんていうか、ものすご~~くぶっきらぼうなんですよね。

 

ちなみに私はそれまでずっと一般事務の派遣を転々としていたのですが、

  • 事務で特に何の資格も持ってないこと
  • ずっと派遣だったこと
  • 職歴が無駄に多いこと

これらを小バカにしたような態度をとられることが多く、かなり精神的にダメージやられました。

 

中には親切に対応してくれる人もいましたが、それでも「親身に相談に乗ってもらう」とは程遠く、

私のことを考えてアドバイスしているんじゃなくて、あくまでもたくさんいる求職者のうちの1人として事務的に作業してる感じだなあ

といった印象を強く持ちました。

 

もちろん、ハローワークの相談員は1日に何十人もの人を相手にしないといけないですし、エージェントのように事細かなあなたの情報を知った上でじっくり話すこともできないので、ある意味仕方ないとは思います。

 

でも、ただでさえ無職で不安なのに、バカにされたような態度をとられるというのは予想以上にかなり凹みますよ。

 

通えば通うほど鬱になる

ハローワークの求人はインターネットでも見れますが、より細かい内容を見るためには直接ハローワークの事業所に行かなければ見れません。

 

また、いざ応募する時も事業所に行って紹介状を書いてもらわないといけないので、これこそ一刻も早く就職したければ毎日のように通わないといけないんです。

 

でもね、最初こそやる気があって「頑張るぞ!」という気持ちがあるのですが、毎日のように顔を合わせる人や、明らかに目が死んでる人、だらだらと通い続けてる人を見続けるとだんだん鬱になってくるんですよ。

 

  • あの人もまだ決まらないのか・・・
  • 私もこのままあの人たちみたいになったらどうしよう・・・

 

ここまでくると、やる気どころか焦る一方です。

 

はっきり言って、毎日そんな環境の中モチベーションを上げ続けて就活をするのはかなり大変です。

 

「周りなんて全然気にならない!」というタフな精神の人なら関係ないかもしれませんね。でも、私はダメでした。

 

2020年5月補足:

現在はインターネット登録をしマイページを作っておけば自宅でも求人の詳細を知れるようになりました。

 

ちょっとでもやる気をなくせばすぐに終了

そして、当然ですがハローワークは基本自分で動かないと就活できません。

 

転職サイトのように何もしなくても企業側からあなたへオファーが届く!といったこともないので、ちょっとでもやる気をなくしてしまえばそこですぐに終了になってしまいます。

 

雨の日も疲れた時も関係なく、自分を奮い立たせてハローワークに足を運ぶ。ひたすらこの繰り返しです。

まさに自分との闘いですね。

 

自分の就活とは言え、完全に自分自身で最初から最後まで頑張らないといけないので、精神的に強くないとやっていけません。

 

転職は1人で闘うと精神病みます

先ほども言いましたが、せっかく貴重な時間と労力をかけて転職活動をするなら、ブラック求人が多い&全て自分の力で頑張らないといけないハローワークは絶対にやめましょう。

あまりにも効率が悪すぎです。

 

ですが、転職サイトなども一見「いいな」と思っても、それが本当に良い案件かどうかなんて分かりません。

表面だけ良いこと書いてあっても、実はブラック・・・ということもよくあります。

 

おすすめは、あなたの過去の経験や希望条件を元に「向こうから」最適な案件を紹介してもらえる「転職エージェント」や「紹介予定派遣」を利用すること。

 

私は結局ハローワークで受かった会社がブラック、最終的に紹介予定派遣でホワイト企業の正社員になりました。

 

また、友人は転職エージェントを使って派遣から正社員への転職を成功させました。

 

ハローワークでの求人探しに限界を感じている人は、これを機に別の方法に踏み切ってください。

 

ハローワークではあり得なかった「内定までの手厚い指導&サポート」を受けられるので、今までよりもぐっと効率よく転職活動ができますよ。

 

→【年代別】派遣から正社員への転職におすすめのエージェント

 

まとめ

ここまで言いましたが、ハローワークにも良い点はあると思います。

  • 地域密着型
  • 転職エージェントにはない求人がある(たまには良い案件も・・・)

 

ですが、少なくとも私の場合、ハローワークに数ヶ月費やしたものの結局良い求人に出会うことがなく(あってもライバルが多すぎて玉砕)、だんだん精神的にも病み足が遠のいてしまいました。

 

でも、今思えばそれが正解だったと思います。というより、もっと早く気付くべきでした。

 

これから一歩踏み出して転職活動するあなたには、私のように貴重な時間をハローワークだけに費やしてほしくないです。

 

「次の転職を最後にしたい」と思っている人こそ、少なくともハローワークだけに絞らずに幅広く転職活動を行うようにしてくださいね。

 

 

【20代&30代】派遣から正社員になるためのおすすめ転職エージェント

→30代の方はこちら(クリックで下に飛びます)

20代派遣女子におすすめのエージェント3選

第二新卒エージェントneo

おすすめポイント

  • 1人1人に対するサポート時間が長い!
  • 100%企業を直接訪問しブラック企業を徹底排除!
  • カウンセラーの年齢や境遇が近く相談しやすい!

第二新卒エージェントneoは何と言ってもキャリアカウンセリングに時間をかけているところが大きなポイント。

なんと、1人あたり平均8時間以上!

1時間の面談も平均4~5回行い、仕事に対する価値観や思い、今抱えている悩みなど全てをさらけ出すことから始まります。

その上であなたに本当に合った企業を判断&厳選して紹介してくれるので、仕事へのミスマッチを極力減らすことができます。

「何がやりたいか分からない」という人はもちろん、「本当に自分に合った仕事を紹介してほしい」という人は必ず登録すべきエージェントです。

 

doda

おすすめポイント

  • 求人数約10万件と国内最大級!
  • 女性の転職に力を入れている!
  • 応募書類の添削サポートの評価が高い!

dodaの特徴は、何といっても未経験者やそれ以外も含むトータルの求人数が「ずば抜けて」多いこと。

大手や有名企業との取引も多く、独占求人も多いため「他では見つからなかった優良案件」に出会う可能性も高くなります。

また、dodaはサポート力に定評があり、「dodaの添削を受けた職務経歴書で転職できた!」という声もあるほどです。

これまで派遣でつちかった能力を活かしたい人、圧倒的なサポートの元転職したい人はdodaへの登録は必須ですよ!

 

就職shop

おすすめポイント

  • 未経験者OKの求人ばかり8,500社以上!
  • 書類選考一切なしで面接まで進める!
  • 正社員未経験者の多くが転職成功してる!

就職shopはあの業界最大求人数を誇る「リクルートエージェント」と同系列です。

実績や経験を重視する求人が多いリクルートエージェントとは違い、経験の浅い20代をメインターゲットに「未経験歓迎」の求人に絞って求人を紹介しています。

また、未経験というと営業を紹介されるイメージが大きいですが、就職shopで転職した女性の約4割が「事務・アシスタント」業務へ転職しています。

「今までの経歴に自信がない」「書類選考でいつも落とされる」という人は、ぜひ書類選考一切ナシの「就職shop」を利用するようにしましょう。

 

 

30代派遣女子におすすめのエージェント3選

doda

おすすめポイント

  • 30代の利用者が多く、30代向けの求人が豊富!
  • 実際に企業人事をしていた人がアドバイザーとして多数在籍!
  • 「スカウトサービス」機能で企業からの直接オファーが来る可能性も!

dodaは20代おすすめに続き、30代の派遣社員にとっても非常におすすめの転職エージェントです。

というのもdodaの利用者の半数以上は20代~30代なので、自分に最適な求人に多く出会いやすいというメリットがあるからです。

またdodaは応募書類の添削に定評があり、dodaの添削のおかげで転職に成功したとの声も実際にあります。

コロナ禍でも約10万件の求人を持っているdodaはやはり「強い」です。

より多くの求人に出会うためにも、必ずdodaへの登録は済ませるようにしましょう。

 

JAIC

おすすめポイント

  • 未経験から正社員での就職成功率 81.1% !
  • 書類選考なしで約20社の優良企業と面接できる!
  • 30代限定/女性限定の就職講座あり!

JAICは派遣社員やフリーターなどこれまでに正社員経験が無い(もしくは浅い)人向けに特化した転職エージェントです。

ちなみに上の広告は34才までとありますが、現在は39才まで支援可能です。

案件全てが正社員で、しかも書類選考なく面接を受けることができるので経歴に自信がない人でも臆することなく活動することができます。

また、企業を何度も訪問することでブラック企業を排除しており、事実入社後の定着率「91.3%」と非常に高い数字を誇っています。

30を過ぎて今の経歴に自信がない、でも30代の今のうちに正社員になりたい!という人は、JAICへの登録は必須です。

ワークポート

おすすめポイント

  • 今後ますます伸びる「IT系」に未経験で転職できる!
  • 求人を出し惜しみなくどんどん紹介してくれる!
  • リクナビNEXT主催の「転職決定人数」No.1を何度も受賞!

ワークポートはIT系やWEB系に強い転職エージェントです。

他の業種も取り扱ってはいますが、元々IT系に特化していたというだけあって圧倒的にIT系の求人が多く、他にはない独占求人も多くみられます。

また女性に向けた転職サービスも行っており、女性のための専任コンセルジュ(アドバイザー)が「女性が働きやすい求人」を厳選して紹介してくれます。

「手に職をつけて働きたい!」「IT系やWEB系に興味がある!」という人は迷わずワークポートへの登録するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-転職
-,