転職

【派遣社員の直接雇用】3年直前で雇い止めする会社が多数!これが合法っておかしくない?

2018年8月1日

1つの職場で【3年】派遣社員として働いたら

  • 派遣先の企業で直接雇用してもらえるよう、派遣元が依頼することができる。
  • 派遣先の企業はその依頼を受け入れる「努力義務」が発生する

 

2015年に施行されたこの派遣法。ぶっちゃけ、あなたはどう思いますか?

 

私は、こんな法律できなければ良かったと心底思っています。

というのも、この法律にしたがって真面目に直接雇用してくれている会社がほとんどないから。

 

先日も、こんなニュースがあったばかりですよね。

ベテラン派遣切り横行 「3年超せば正社員」回避か 9月「義務化」前に“雇い止め”相次ぐ

 

これによると、派遣社員の直接雇用を避けるために『わざと』3年になるギリギリで契約を終了する(させようとする)会社が後を絶たないらしい。

 

つまり、派遣社員のための法改正なのに、結局ただ「派遣社員が損をしているだけ」

しかも、これが合法の元行われているのでタチが悪いんです。

3年直前で雇い止めは「合法」の元行われている

ちなみに、上記のニュースに出てきた「雇い止め」とは、契約満了の時に次の更新を派遣先がしてくれないまま辞めさせられてしまうこと。

 

問題は、たとえその背景に「直接雇用したくないから」という企業の思惑があったとしても、最終的にはお互いが合意した契約期間が終了したカタチになるので、結果【合法】になってしまうということです。

 

なので、いくら派遣社員側が「3年前に雇い止めって明らかにおかしいでしょ!」と思っても、合法なのでそこまで強く出ることができなくなってしまうんですよね。

さくら
企業側も契約終了の本当の理由なんて言わないですしね・・・。

 

では、なぜ企業はそこまでして派遣社員を直接雇用したくないのでしょう?

 

理由は色々ありますが、主な理由としては

  • 正社員にすると簡単にクビにできなくなるから
  • 派遣会社に紹介料を払いたくないから
  • 正社員にすることで社会保険料やボーナスなど、これまでより多くお金を払わないといけなくなるから

といったことがあげられます。

 

要するに「派遣社員をわざわざ正社員にするメリットが感じられない」というわけ。

 

ただでさえ、今回の派遣法改正は、会社側に「雇い止め」という手段がある他にも

  • 直接雇用と言っても、正社員になれるとは限らない(パート、アルバイトになる可能性もあり)
  • 会社側は、あくまでも直接雇用の依頼に応じる「努力義務」があるだけであって、決して「義務」ではない

と、会社側にとっていくつかの抜け道があります。

 

こんな、正社員になりたい派遣社員にとっては決して良い条件とは言えない今回の派遣法改正で、幸せになっている派遣社員はほんの一握り。

 

雇い止めを受けることで直接雇用を依頼する「権利」さえ与えられない、でもそれが合法という時点で、ものすごくずるいと私は思います。

さくら
それなら、3年ちゃんと働いて正式に依頼をした上でキッパリ断られた方が100倍マシ!

 

雇用の安定のはずが、逆に雇用を不安定にさせている

もちろん、中には今回の制度によって無事正社員になれた派遣社員もいるとは思います。

 

でも、実際に色々な人の声を聞いてみても

  • 法改正さえなかったらずっと働き続けられたのに、辞めざるをえなくなった
  • 本当は正社員になりたいけど、生活のために結局また派遣の仕事を探して働き始めた
  • 次の派遣先を探すにしても、年齢的になかなか次の仕事が見つからなくて困ってる

と、どちらかというと雇用の安定どころか【雇用の不安定】に陥っている人が多いです。

 

特に、大手企業になればなるほど今回の直接雇用で雇い止めの被害に合っている人が多い印象があります。

私自身、以前大手企業で派遣社員として働いていたことがあるのですが、大手企業で派遣社員から正社員になるのって本当に厳しいです。

 

私の時はまだ直接雇用の依頼などできない時期でしたが、それでも正社員並みの仕事を任されてて部長にも気に入られていたのに(しかも3年以上働いていた)、いざ正社員の話をしてみるとサッと顔色を変えて

それとこれとは話が別

こういうところは、新卒でないとまず正社員は無理だからね

と全く取り合ってもらえませんでした。

 

ここでいくら頑張っても、しょせん大手企業の正社員なんて夢のまた夢なんだな…と現実を知った瞬間でしたね。

 

 

もちろん、今回の直接雇用でスムーズに大手企業の正社員になれた人も中にはいるかもしれませんが、それはかなりのレアケースとだと思いますよ。

 

使えない正社員を囲ってる方が、企業側にとってよっぽど「損」

 

もうこれ以上正社員を雇う余裕がない

これ以上お金をかけたくない

という企業の声が多くありますが、一番の問題点は「一度正社員にしたらなかなかクビにできない」というところにあると思います。

 

現に、多くの企業には

  • 仕事に全くやる気がなくて、1日で終わるような仕事を2日も3日もかけてやっている
  • 忙しくないのにわざと毎日遅くまで残業をして残業代を稼ごうとする
  • カラ出張をする
  • 言われた仕事と違うことを勝手にして、ぐちゃぐちゃになってしまったデータを結局違う社員が1日かけて修正している

といった、明らかに人件費の無駄だと思えるような正社員をたくさん見てきました。

 

こういった無駄なお金を徹底的に排除するだけで、1人の有能な派遣社員を正社員として迎え入れるだけの人件費は十分まかなえるはずです。

 

私は今まで数多くの会社に派遣社員として働いてきた中で、それはもうたくさんの有能な派遣社員と出会ってきました。

 

そういった人こそ、正社員になるべきだと思っています。

 

今後は、この法改正を機に「正社員か派遣社員か」ではなく「企業にとって必要な人材かそうでないか」を重視して人を見極めるべきなのではないでしょうか。

 

会社側も、そういった「使えない社員」をたくさん抱えていることで結局しわ寄せが他の正社員に行くということを理解してほしいです。

 

ちなみに、派遣先の直接雇用の他に「派遣元の無期雇用社員になる」という制度もありますが、これもフタを開ければデメリットだらけなのであまりおすすめしないです。

派遣の無期雇用はデメリットしかないと思っているあなたへ。その考え間違っていません。

続きを見る

同一労働同一賃金で無期雇用派遣は「対象」でも安定からは程遠い

続きを見る

 

直接雇用は期待するな!正社員になりたいなら「自分から」動こう

はっきり言って、今回の派遣法改正は失敗です。

 

全く派遣社員のためになっていませんし、多くの企業も結局何も変わろうとしていません。(むしろ派遣を切ろうという方向になってしまっている)

 

結局、雇い止めが合法として扱われている限り、そして今の派遣法が新たに改正されない限りは今のような状態が当たり前のように繰り返されていくだけです。

 

そんな、正社員になれるか分からない状況でドキドキしながら派遣を続けるのなら、正直最初からあなたを「正社員」や「紹介予定派遣」として受け入れてくれる会社を目指した方がずっと近道ですよ。

 

断言します。

もし、あなたが今「将来は絶対正社員になりたい!」と思うのなら、派遣法改正による直接雇用に期待するのではなく、転職活動をして確実に正社員として入社する道を選ぶようにしましょう。

 

転職するのは勇気がいりますが、今の状況でずっと宙ぶらりんでいる方がずっと怖いです。

ずっと独身なら「一生派遣」でも大丈夫?毎月数万円の貯金で満足してたら後で痛い目見ます。

続きを見る

 

私もずっと派遣生活が長かったのですが、最終的には自分から動きまくって正社員になることができました。

↓詳しい経緯

 

派遣期間が長くても、大したことをやってなくても(私はずっと一般事務)、諦めずに面接を受け続ければ、あなたを正社員として受け入れてくれる会社は絶対にあります。

 

突然の雇い止めで行き場を失ってしまう前に、ぜひ早めに未来に向けて自分の力で動き出してください。

いくら今の派遣先の居心地が良くても、そのまま正社員になれる確率は極めて低いですよ。

 

まとめ

今回の派遣法改正や「雇い止め問題」を受けて、改めて「派遣社員は会社にとって結局『駒』でしかないんだなぁ」と実感しました。

 

ものすごく悔しいですが、これが現実。

結局法律が変わっても、会社側の「直接雇用はしたくない」という気持ちまでを変えるのは難しいということなんですよね。

関連記事
過度な期待は禁物!「同一労働同一賃金」で派遣切りはさらに増える

続きを見る

 

何度も言いますが、もし今働いている会社で正社員になれなそうだなと感じた時は、一刻も早く見切りをつけることが何よりも肝心です。

 

自分の未来は自分で切り開くしかないんです。

今は辛いけど、動くなら今しかないですよ!

 

関連記事まさかの派遣「更新なし」!もう会社に行きたくない時はどうしたらいい?

 
 

【20代&30代】派遣から正社員になるためのおすすめ転職エージェント

20代派遣女子におすすめのエージェント3選

第二新卒エージェントneo

おすすめポイント

  • 1人1人に対するサポート時間が長い!
  • 100%企業を直接訪問しブラック企業を徹底排除!
  • カウンセラーの年齢や境遇が近く相談しやすい!

第二新卒エージェントneoは何と言ってもキャリアカウンセリングに時間をかけているところが大きなポイント。

なんと、1人あたり平均8時間以上!

1時間の面談も平均4~5回行い、仕事に対する価値観や思い、今抱えている悩みなど全てをさらけ出すことから始まります。

その上であなたに本当に合った企業を判断&厳選して紹介してくれるので、仕事へのミスマッチを極力減らすことができます。

「何がやりたいか分からない」という人はもちろん、「本当に自分に合った仕事を紹介してほしい」という人は必ず登録すべきエージェントです。

 

doda

おすすめポイント

  • 求人数約10万件と国内最大級!
  • 女性の転職に力を入れている!
  • 応募書類の添削サポートの評価が高い!

dodaの特徴は、何といっても未経験者やそれ以外も含むトータルの求人数が「ずば抜けて」多いこと。

大手や有名企業との取引も多く、独占求人も多いため「他では見つからなかった優良案件」に出会う可能性も高くなります。

また、dodaはサポート力に定評があり、「dodaの添削を受けた職務経歴書で転職できた!」という声もあるほどです。

これまで派遣でつちかった能力を活かしたい人、圧倒的なサポートの元転職したい人はdodaへの登録は必須ですよ!

 

就職shop

おすすめポイント

  • 未経験者OKの求人ばかり8,500社以上!
  • 書類選考一切なしで面接まで進める!
  • 正社員未経験者の多くが転職成功してる!

就職shopはあの業界最大求人数を誇る「リクルートエージェント」と同系列です。

実績や経験を重視する求人が多いリクルートエージェントとは違い、経験の浅い20代をメインターゲットに「未経験歓迎」の求人に絞って求人を紹介しています。

また、未経験というと営業を紹介されるイメージが大きいですが、就職shopで転職した女性の約4割が「事務・アシスタント」業務へ転職しています。

「今までの経歴に自信がない」「書類選考でいつも落とされる」という人は、ぜひ書類選考一切ナシの「就職shop」を利用するようにしましょう。

 

 

30代派遣女子におすすめのエージェント3選

doda

おすすめポイント

  • 30代の利用者が多く、30代向けの求人が豊富!
  • 実際に企業人事をしていた人がアドバイザーとして多数在籍!
  • 「スカウトサービス」機能で企業からの直接オファーが来る可能性も!

dodaは20代おすすめに続き、30代の派遣社員にとっても非常におすすめの転職エージェントです。

というのもdodaの利用者の半数以上は20代~30代なので、自分に最適な求人に多く出会いやすいというメリットがあるからです。

またdodaは応募書類の添削に定評があり、dodaの添削のおかげで転職に成功したとの声も実際にあります。

コロナ禍でも約10万件の求人を持っているdodaはやはり「強い」です。

より多くの求人に出会うためにも、必ずdodaへの登録は済ませるようにしましょう。

 

JAIC

おすすめポイント

  • 未経験から正社員での就職成功率 81.1% !
  • 書類選考なしで約20社の優良企業と面接できる!
  • 30代限定/女性限定の就職講座あり!

JAICは派遣社員やフリーターなどこれまでに正社員経験が無い(もしくは浅い)人向けに特化した転職エージェントです。

ちなみに上の広告は34才までとありますが、現在は39才まで支援可能です。

案件全てが正社員で、しかも書類選考なく面接を受けることができるので経歴に自信がない人でも臆することなく活動することができます。

また、企業を何度も訪問することでブラック企業を排除しており、事実入社後の定着率「91.3%」と非常に高い数字を誇っています。

30を過ぎて今の経歴に自信がない、でも30代の今のうちに正社員になりたい!という人は、JAICへの登録は必須です。

ワークポート

おすすめポイント

  • 今後ますます伸びる「IT系」に未経験で転職できる!
  • 求人を出し惜しみなくどんどん紹介してくれる!
  • リクナビNEXT主催の「転職決定人数」No.1を何度も受賞!

ワークポートはIT系やWEB系に強い転職エージェントです。

他の業種も取り扱ってはいますが、元々IT系に特化していたというだけあって圧倒的にIT系の求人が多く、他にはない独占求人も多くみられます。

また女性に向けた転職サービスも行っており、女性のための専任コンセルジュ(アドバイザー)が「女性が働きやすい求人」を厳選して紹介してくれます。

「手に職をつけて働きたい!」「IT系やWEB系に興味がある!」という人は迷わずワークポートへの登録するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-転職
-,