派遣からの転職

キャリコネの口コミは嘘?昔働いていたブラック企業で検索をかけてみた

投稿日:2018年8月8日 更新日:

数ある転職サイトの中でも、社員による口コミ(内部事情)が見られると評判のサイト「キャリコネ」。

入社前に内部事情を知れるのは良いことですが、

  • そもそもその口コミって本当なの?
  • どうせヤラセなんじゃない?

という点が気になりますよね。

 

実際私も昔から口コミは好きで良く見ているのですが(ショッピング系や飲食店など)、その口コミが本当なのか?の判断が難しいなと思う時もあります。

とは言え、転職は飲食店と違って人生を左右する非常に大切なもの。

もし口コミが本当なら、これほど転職の時に頼りになるものはないです。

 

というわけで、キャリコネの口コミはどこまで信ぴょう性があるのか?を確かめるために、実際に私が働いてた会社の口コミをさっそく調べてみました。

\登録企業数43万社以上!登録するだけで全ての口コミが見れる!/

気になる会社の口コミを調べる

 

スポンサーリンク

私が働いていたブラック企業の実態

私は入社当初、都内の旅行会社に勤めていました。

旅行会社というと華やかですごく楽しい仕事というイメージが強いですが、うちの会社はド・ブラック企業でした。

実際、その会社には毎年20人ほどの新入社員が入ってきましたが、1年後に残っているのは【3割】でした。

つまり、1年で14人くらい辞めたということですね。。。

私自身も逃げるように辞めたのですが、今振り返っても「あの時辞めて良かった」と100%思えるくらいヒドイ環境でした。

 

キャリコネにはその会社の事が何と書かれてあるのか?

衝撃事実!元会社はすでに倒産していた

というわけで、実際キャリコネで働いていた会社を調べてみました!

ですが、調べてみて分かったこと。

 

その会社は数年前に倒産していました。

 

やっぱりブラック企業は最後にこういう末路を辿るんですね・・・。

(↓すみませんつい本音つぶやいてしまいました)

 

ですが、これだとキャリコネの信ぴょう性が分からないので、急きょその会社の親会社の口コミを調べてみました。

というのも実はこの会社、当時は航空券などを手渡しするのによく本社に足を運んでいたのですが、

社内は常に罵声が飛び交う
少しでも挨拶の声が小さいと子会社の私にでも怒鳴り散らす(←めっちゃ怖い)

と、正直私が在籍していた会社が生ぬるく感じるくらいブラックな会社だったんです。

 

ですが、親会社だけあって会社は大きく、表向きはとてもクリーンなイメージ。

もちろんその会社の全てを知っているわけではありませんが、でも裏の顔は知っている!ということで、さっそく全ての口コミをチェックしてみました。

 

総合評価は想像どおり「悪かった」

キャリコネ」で検索をかけてみると、まず目に飛び込んできたのが総合評価。

「ホワイト度」や「ストレス度の低さ」などの評価がチャート式になっていて、どの項目が良いか悪いかが一目で分かるようになっています。

 

追記:キャリコネの規約上、投稿内容は載せられないとのことなので、詳しい情報および画像は削除しました。

 

そして実際の口コミを見てみると、「住宅手当は〇円しかもらえなかった」とか「5年先輩の給料が今の自分と変わらない」とか、実際に働いていないと分からない【ガチ情報】が並んでました。

 

さらには実際の給料明細までもが載っているので、かなりリアルなんですよね…

大手とは言え、子会社の私と同じくらいの住宅手当で正直萎えました(;´Д`)

 

また、口コミにはそこで働いていた人の実際の退職理由が載っているんですが、これがまた興味深いです。

退職理由って、表向きは良いこといって辞めても実際は不満爆発!ってこと、よくありますよね。

↓私も表向きはめちゃくちゃ前向きな理由で辞めましたからね。

 

辞めたいほど嫌なことってどんなことだったのか?」を事前に知ることができるので、ある意味入社すべきかどうかのうってつけの判断材用になるなと感じました。

こういったことは応募要項どこを見ても一切載ってないので、正直これだけでもかなり読み応えがありますよ。

→キャリコネで気になる企業の口コミを見てみる

キャリコネでは口コミ以外にもこんなことが分かる

そして、キャリコネは会社の「口コミ」だけでなく、こんな情報まで知ることができます。

  • 社員の平均年収
  • 世代別(20代、30代、40代)の最高年収
  • 月の平均残業時間
  • 月の平均休日出勤
  • 有給消化率
  • 年収・給与明細
  • 応募した時の面接内容の詳細

 

これから転職を考えている人にとっては、特に「面接内容の詳細」が見れるのは強いですよね。

面接の中で特に印象に残った質問は何か?その質問にどう答えたか?そして実際に面接を受けた人からのアドバイスなどが読めます。

 

また、面接における選考期間や実際の年収まで知れます。

応募要項の年収と実際が違う・・・これってかなりリアルですね。

 

ホワイト・ブラック度の診断も参考にしよう

また、キャリコネには「ホワイト・ブラック度の診断」というとても興味深いものもあります。

 

これは、希望する会社がその業界の中でも働きやすい環境なのか?を客観的に知りたい時に重宝します。

具体的には、「労働時間の満足度」や「ストレス度の低さ」などがチャート式になっていて、それぞれの口コミが見れるようになっています。

 

ずばり「この会社はホワイトだよ!」「ブラックだよ!」とハッキリとは書かれてないですが、この比較で明らかに平均よりも悪かったらその会社には応募しない方がいいということが分かりますよね。

また、どうしてもそこに入りたい場合は「それ相応を覚悟した上で応募することができる」ということです。

 

正直、このサイトを就職時代に活用していたら、今とは違った道を選んでいたと思います。

それくらい、転職を考えているなら見ていて決して損はない項目になっていますよ!

→キャリコネで気になる企業の口コミを見てみる

 

キャリコネの口コミを全て信用していいか?

とは言え、やはりネットの口コミってどうしても信用できない部分がありますよね。

書きようによってはいくらでも好きなことを書けますし、もちろん嘘だって書こうと思えば書けます。

 

正直、全ての口コミを「そうなのか」と全て鵜呑みにすることはやめた方が良いと思います。

でも、だからと言って「キャリコネは嘘ばかりの情報か?」と聞かれたら、私はそうは思えません。

 

というのも、キャリコネは口コミの嘘やヤラセを極力なくすために、以下のような対策を行っているからです。

  • 学歴や職歴などかなり細かな個人情報を記入しなければならない(ヤラセがしにくい)
  • 短文の口コミでは投稿できない仕組みになっている。当然コピペ厳禁
  • 企業側から投稿の削除依頼があっても、その情報が正確だと判断されない限りは対応しない
  • キャリコネが不適切だと判断した投稿は非掲載処理される
  • 5年前までの口コミしか投稿できなくすることで、古く間違った記憶を元に口コミを書く人を減らすことができる

 

ここまで徹底して管理されてるので、明らかにヤラセな投稿、適当な投稿は少ないのではないかと思います。

実際使ってみた感じからしても、「うん、そうそう!」と思える箇所、いっぱいありましたからね。

 

もし、数々の口コミを見て「これって本当なのかな?嘘なのかな?」と判断がつかない時は、悪い口コミの中でも最悪な口コミを見て「それでもいい」と思えるかどうかを判断基準にしましょう。

私は、会社の口コミに限らず、飲食店や商品レビューなど全てにおいてずっとそうしています。

そうすることで、実際にそのものを選んだ時にある程度の納得ができている=不満な思いをすることが少なくなるので個人的におすすめですよ。

 

まとめ:口コミはうまく使えば最高の武器になる!

今回、実際に元親会社の口コミを閲覧してみて、当時の自分を思い出したかのようなリアルな情報をたくさん見ることができました。

もちろん、口コミ全てを鵜呑みにしてしまうのは危険ですが、少なくとも転職する時の良い判断材料になるのは間違いないと感じました。

 

「今すぐ転職したい!」
「今すぐは転職できないけど、いずれ転職したい!」

など人によって状況は違うかと思いますが、時間の空いた時に色々な会社の口コミを見ておくと、いざという時の失敗が格段に少なくなります。

 

正直、無料でここまで見れるんだし、少なからずためになる情報もたくさんあるので、こういったサイトは使い倒したもん勝ちだと思いますよ。

いざ転職して「こんなはずじゃなかった・・・」とならないためにも、キャリコネを120%駆使してくれぐれも後悔のない転職活動をするようにしてくださいね。

→キャリコネで気になる企業の口コミを見てみる

 

あわせて読みたい
キャリコネへの登録手順を画像20枚で解説します【この通りにやればOK】

「次の転職こそ最後にしてやる!」 そう意気込んでせっかく転職に踏み切ったのに、いざ内定した企業がブラックだったり「思ってたのと違った」と後悔したり・・・ そんな経験だけは絶対にしたくないですよね。 & ...

続きを見る

スポンサーリンク

-派遣からの転職
-

Copyright© アラサー女の派遣生活 , 2019 All Rights Reserved.