派遣からの転職

「パソナの無期雇用がひどい」と言うので、どれだけひどいか調べてみた

ここ数年、定期的に私のブログに「パソナ 無期雇用 ひどい」というキーワードでの訪問があります。

 

それもそのはず、現時点でそのキーワードで1位になっているのが当ブログ(のこの記事)↓

派遣の無期雇用はデメリットしかないと思っているあなたへ。その考え間違っていません。

最近やたら派遣会社が推している「無期雇用派遣」という制度。 でも、実際には 「基本、無期雇用派遣ってデメリットしかないんじゃない?」 「3年経って契約が終了しても、無期雇用派遣にはなりたくない」 と考 ...

続きを見る

ですが、パソナの無期雇用についてはほとんど触れてないんですよね。。。(申し訳ないです。汗)

 

というわけで、今回改めて「パソナの無期雇用」について調べてみました。

チェックリスト

  • パソナの無期雇用は本当にひどいのか?
  • ひどい場合、どうひどいのか?
  • 実際にパソナの無期雇用派遣を利用した人の口コミは?

 

このあたりを調べようと思います。

今まさにパソナの無期雇用を検討している人の参考に少しでもなれば幸いです。

スポンサーリンク

パソナの無期雇用には2種類ある

その前に、まずパソナの無期雇用には「プロ社員途用制度」「無期雇用派遣社員制度」とがあります。

この2つの違いは

  1. プロ社員の方が、よりプロフェッショナルな仕事をする
  2. プロ社員には特別休暇制度がある

 

他にも細かなことはあるかもしれませんが、ボーナスや交通費などの手当について書かれていないため、基本「同じ」と考えて良さそうですね。

 

パソナの無期雇用の「ひどい」実態

おそらく、パソナの無期雇用が話題になったきっかけは、就業規則に「30日派遣先が見つからなければ解雇」とあったからだと思います。

(退 職)
第46条 スタッフは、次の各号のいずれか一に該当するときは退職する。

5)第3条第1項乃至第3項又は第4条第1項乃至第3項に基づき会社がスタッフに指示すべき就業場所及び業務を1か月間確保できず、会社がスタッフに指示できない旨を通知した日から暦日数30日が経過したとき。

 

定年まで無期で継続して働けるのが無期雇用の最大のメリットなのに、これじゃあ何のメリットもなくなりますよね。

しかも派遣会社のせいで解雇というのも、何とも腑に落ちないです。(待機期間に生じる賃金を払いたくなかったのではないか?と疑ってしまいます)

 

ただ、こちらに関しては厚生労働省がツイッターで注意喚起する事態にまで発展し、その後パソナは「誤解を招く」として当該部分を削除しています。

 

パソナ削除(パソナの公開文「本日の一部報道につきまして」

 

とは言え、こんな情報も。

 

パソナの無期雇用規則について『1か月間確保できず』『暦日数30日が経過したとき』の期限の記載は無くなったが、『派遣先が確保できない場合は退職』の記載は変わらずあるとの情報がありました。


ん?ただ「30日」という期限がなくなっただけ・・・?

だとしたら、派遣先が見つからない=解雇される危険性が未だにあるということですね。(ただ、情報が定かではないため未確定です)

 

パソナの無期雇用は「交通費支給&時給が下がる」

また、パソナの無期雇用は「交通費が支給される分、時給が下がる」という仕組みになっています。

 

外部サイト<働き方改革の死角>手当増 給与減の怪 派遣社員「納得できない」

記事の概要

  • 2018年6月から、パソナの無期雇用は希望者に交通費を「上限1万円」支給している
  • 交通費が支給される場合、代わりに1時間当たり60円下がるようになった

 

交通費支給で時給が下がるのはもはや「無期雇用あるある」ですね。

ちなみにこの記事によると、パソナだけでなくテンプの無期雇用も同じことが起こっているそうです。

関連記事
「無期雇用派遣になったら時給が下がる」はよくある事。大手派遣会社も例外ではない

派遣会社の無期雇用派遣に興味があるけど、担当者から「今より時給が下がります」と言われた! これってどうなの?あり得なくない??と理不尽に思う人は多いのではないでしょうか? たしかに無期雇用派遣になれば ...

続きを見る

 

とは言え、パソナの交通費上限1万は、他社の無期雇用にくらべて「安い」です。

マンパワーの上限額は分かりませんでしたが、少なくとも他の大手派遣会社は全額支給がほとんどです(少なくとも3万)。

派遣会社 交通費
テンプスタッフ 全額支給(会社規定内)
アデコ 全額支給(非課税上限内)
スタッフサービス 全額支給(会社規定内)
マンパワー 上限あり
リクルートスタッフィング 上限3万円
パソナ 上限1万円

 

なので交通費が1万以上かかる、または残業が多い派遣先の場合は正直「交通費支給」を選ぶメリットはないですね。(実際、無期雇用社員の半数以上が交通費支給を選択していないそうです。)

 

パソナの無期雇用は派遣先がリアルに「読めない」

もともと、無期雇用は派遣先を自分で決められない(派遣会社が決める)というルールがあります。

しかしパソナはそれに加えて「働く1週間前にいきなり言われる」可能性があります。

 

会社はスタッフに対して、1 週間前までに通知することにより就業場所及び業務を、前項で通知した就業場所以外の就業場所、会社が請け負った若しくは受託した業務実施場所、及びその就業場所等の業務に変更を命じることがある。

この場合の就業日、就業時間、休憩時間、給与及びその他労働条件は会社が当該変更通知でスタッフに示し、スタッフはこれに従うものとする。

 

これは最新の就業規則ではないので今もそうかは定かではないですが(外部記事から引用)、30日で解雇案件のように削除をしていない限り、現在もこちらの規則が記載されている可能性が十分にあります。

 

1週間ギリギリになって派遣先を教えられるなんて、考えただけで怖いですよね…。

しかも交通費上限1万で契約していたら、場合によっては大損するかもしれません。(途中で変更できるかは不明)

 

ちなみに他の派遣会社の無期派遣従業員就業規則もいくつか読んだのですが、「いつまでに」という期限が書かれているところはありませんでした。

わざわざ「1週間前」という記述があるということは、実際にそういったケースが少なくないということかもしれません。

 

パソナの無期雇用はボーナス、退職金が支給されない

そしてパソナの無期雇用は、ボーナスおよび退職金は支給されません。

これは「プロ社員」も同様だと思います。応募要項に書いていない以上「ない」と考えて良いでしょう。

 

大手派遣会社と比較してみるとご覧の通り。少なくともボーナスは支給されるところがほとんどです。

派遣会社 ボーナス支給
テンプスタッフ あり(年2回)
アデコ なし(アデコ2.5)、キャリアシードはあり
スタッフサービス あり(年1回?)
マンパワー あり(年1回)
リクルートスタッフィング あり(年2回)
パソナ なし(プロ社員もなし)

 

正直、無期雇用になって交通費は微妙、ボーナスなしじゃあ有期雇用派遣とあまり変わらないなぁと思ってしまいます。

 

パソナの無期雇用派遣制度を使った人の口コミ

では、実際にパソナの無期雇用を利用した人はどう思っているのか?

ネットと実際にとったアンケートの口コミをご紹介します。

時給が1円も変わってない

パソナで無期雇用になったけどずっと時給で1円も変わってない。
派遣先によるのかもだけど、今の派遣先9年目で、人間関係は最高だけど会社として派遣は使い捨てのスタンス。
居る分にはいくらでも居てくれていいけど直接雇用とか夢にも思わないでねって無言の圧力を感じる。

 

無期雇用になって時給が下がった

無期雇用派遣になったら給料が前よりあがる人が多いと聞いていたが、無期雇用派遣の前は時給で2000円で月に25万ほどもらっていたのに対し、無期雇用派遣になった際には月20万ほどになり、時給換算をしても1500円ほどになってしまった。

また、辞める時に契約のルールで他の派遣会社で働くのは最初の間は辞めて欲しいと言われた。

かえって働きにくくなった

フレックス制度を利用しており、無期雇用社員後もフレックス利用可能と聞いていたが、実際は周囲の同調圧力によって使いずらい環境になってしまったので辞める決意をした。

 

残念ながら、あまり良い口コミが無かったです・・・。

 

ちなみにさらにネットで検索をしてみたところ、無期雇用ではないのですがパソナの「契約社員」についてこんな口コミも発見しました。

 

私前にパソナからパソナの契約社員の紹介あったんだけど、

・交通費なし
・履歴書持参でパソナで面接
・担当営業なし
・幅広い仕事を任せてもらえます!

とかで、どう考えてもブラック臭すごかった 。
この条件さ、スタッフのことなんて全然考えてないよね…。

 

担当営業なしということは、こちらも積極的に勤務先を確保してくれない可能性があるのかも…?

 

もちろんネットや独自調査のアンケート結果なので本当かどうか分かりませんし、全員に当てはまるとも限りません。

また、パソナの「通常派遣」については良い口コミもあります。

ですが、少なくともそれ以外、特に無期雇用に関しては「良い噂がほとんどない」という結果になりました。

 

無期雇用派遣=「派遣より好条件」では決してない

今回はパソナの無期雇用についてクローズアップしましたが、私はそもそも無期雇用自体をおすすめしていません。

その理由は色々ありますが、

  • 結局、正社員とは全く違うから
  • 派遣会社の駒として働くことになるから

この2つが大きいです。

 

また、無期雇用は2020年にスタートする「同一労働同一賃金」の対象外になっているので、今後の待遇改善の見込みはかなり厳しいと思います。

何せ、国が無期雇用をケアしてくれてないわけですから…。

 

下手したら有期派遣よりも待遇が悪い(無期転換しなきゃよかった)となる可能性も当然出てくるので、正直あまりメリットないですね。

関連記事
【蚊帳の外】同一労働同一賃金で「無期雇用派遣」の待遇はどうなる?

2020年4月からはじまる「同一労働同一賃金」。 「正規と非正規との待遇差を無くす」という画期的な制度ではあるのですが、「無期雇用派遣」は対象外ということはご存じでしょうか?   というのも ...

続きを見る

 

とは言え、有期派遣(通常派遣)も今後同一労働同一賃金による「派遣切り」が心配されているので、ぶっちゃけ有期も無期も派遣の将来は「明るくない」です。

関連記事
過度な期待は禁物!「同一労働同一賃金」で派遣切りはさらに増える

2020年(令和2年)4月1日からはじまる「同一労働同一賃金」。 これからは、同じ仕事をしていれば正社員と同等の待遇を受けられるとあって、期待している人も多いのではないでしょうか? 具体的には 正社員 ...

続きを見る

 

正直に言うと「無期雇用はやめておけ」です

じゃあ、ずばりどうしたらいいか?

派遣10年選手だった私が言います。
無期雇用や契約社員になるくらいなら、はじめから「正社員」狙ってできるだけ早く転職した方がいいです。

 

無期雇用は正社員とほぼ同じと考える人が多いですが、ハッキリ言って全然違います。

職場安定、給料安定、昇給あり、ボーナスあり、退職金あり、世間の評価も良い、など数え上げたらキリがありません。

 

ちなみに「正社員なんて無理」と思うかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

派遣10年、しかも30代の私でもホワイト企業の正社員になることができたんですから。

 

ずばり、秘訣は「諦めないこと」です。

なお、派遣からの転職に関してはいくつか記事にしているので、ぜひあわせて参考にしてください。

派遣歴が長い=「転職に不利」ではない【派遣10年でも正社員になれた】

これまで派遣として働いてきた期間が長くなると、どうしても「転職に不利になるのではないか」と不安になってしまいますよね。 「面接に落とされたら嫌だな…」 「色々ツッコまれそう」 「このまま正社員になれな ...

続きを見る

転職したいけど怖い…!派遣社員でも自信を持って就活するための3つの心得

できるだけ早く今の「派遣社員」から正社員に転職したい。 でも、いざ転職のことを考えると怖くなって、どうしても前に進めなくなってしまう・・・。 あなたは、今そんな状態に陥っていませんか? 特に、今まで派 ...

続きを見る

 

まとめ:パソナの無期雇用の条件はあまり良くない

今回パソナの無期雇用について改めて調べて、また他の大手派遣会社と比較してみても「あまり良い条件ではないな」というのが正直な感想です。

ひどいかひどくないかと言ったら、現時点では正直ひどいですね。

 

もしどうしても無期雇用がいいというのなら、アデコの無期雇用「アデコ2.5」の方が良いと思います。

パソナの派遣社員でも応募可ですし、パソナより条件は良いです。(ただ、ボーナスがないので微妙っちゃ微妙)

参考アデコの無期雇用制度「ハケン2.5」は派遣社員にとって得なのか?調べてみて分かったこと

 

ですが、もし無期雇用自体にも不安を覚えるなら、これを機に一刻も早く正社員への準備を始めましょう。

 

▼こちらの記事もおすすめ▼

スポンサーリンク

-派遣からの転職

Copyright© アラサー女の派遣生活 , 2019 All Rights Reserved.