派遣

派遣会社はどこがいい?賢い選び方&3つの注意点を解説

「派遣社員として働きたいけど、どこの派遣会社がいいんだろう?」
「できるだけ自分に合った派遣会社で働きたいけど、、、」

いざ派遣会社に登録しようとすると、どこの派遣会社に登録したら良いか迷ってしまいますよね。

中には「派遣会社なんてどこも同じなんじゃ…」と思う人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

私は実際に派遣社員として働いてきて、

派遣会社が違うだけで・・・

  • 応募できる求人が少ない
  • 他者より時給が低い
  • サポートの質が悪い

といった不満を抱える派遣社員を多く見てきました。

そこで今回は、派遣会社を選ぶ時に「重視すべきポイント」や「注意点」についてご紹介したいと思います。

筆者プロフィール

✓派遣歴10年

✓これまでに中小・大手含め10社近くの派遣会社に登録

✓さまざまな派遣会社で就業経験あり

これを読めば、少なくとも派遣会社選びに後悔することはなくなるはずです。

今みさに派遣会社選びに苦戦している人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

【派遣会社の賢い選び方】妥協できないポイントを重視!

はじめに言っておきますが、派遣会社にはそれぞれ特徴があり、「すべての面において」あなたにマッチする派遣会社を見つけるのは難しいです。

なので、派遣会社を選ぶ際は

あなたが派遣会社に何を一番求めるか?

といった【妥協できないポイント】を考え、その点においてベストな派遣会社を選ぶことをおすすめします。

まずはポイントを洗い出し!

人によって重視するポイントはさまざま。

まずはポイントを洗い出し、いくつかの派遣会社で比較してみると「ここがいい!」というところが見えてきますよ。

今回は、大手派遣会社7社をピックアップ&ご紹介します!

今回は、その中でも多くの派遣社員が求めるポイント5つを挙げたいと思います。

ポイント1:希望条件の求人数が豊富か

やはり派遣社員にとって「派遣会社が保有する求人数」はとても重要ですよね。

ちなみに、大手派遣会社7社の、現時点での全体の求人数はこちら。

派遣会社求人数
スタッフサービス約15万件
テンプスタッフ約4万件
ランスタッド約1万8,000件
マンパワーグループ約1万3,000件
パソナ約1万件
アデコ約8,000件
リクルートスタッフィング約7,000件
2021年10月時点

全体の求人数としては、スタッフサービスが断トツのトップです。

ですが、ここで重視しすべきはこの「全体の求人数」ではなく「希望の条件を満たすの求人数」です。

この求人数のうち、あなたが「働きたい!」「応募したい!」と思える求人はどれくらいあるか?

ここは必ずおさえておくようにしましょう。

今回は、中でも人気のこだわり条件をピックアップします。

事務派遣として働きたい!

ほとんどの派遣会社は事務案件を多く扱っていますが、中でも多く扱っているのが以下の2社です。

  • テンプスタッフ(約22,000件)
  • スタッフサービス(約15,000件)
    ※2021.10時点

テンプスタッフもスタッフサービスも、未経験験OKの案件からスキル必須の案件など幅広く、さまざまな企業との繋がりがあります。

特にテンプスタッフは全体4万件のうち半数以上が事務案件となっており、事務に力を入れているのが分かります。

たくさんの事務求人から仕事を探したい!と考えているひとは、テンプスタッフまたはスタッフサービスへの登録は必須です。

英語を使った仕事がいい!

英語を使った仕事は通常よりも時給が高めの案件が多く、業務を通してスキルアップも目指せるのでとても人気が高いです。

英語を使う求人の数も、大手の中ではテンプスタッフがトップ(約3,000件)

以下スタッフサービス(約1,700件)、マンパワーグループ(約800件)と続きます。

テンプスタッフは求人をTOEICのレベル別に検索することができ、自分に合った求人を見つけやすいという特徴があります。

また「自分のレベルが分からない!」という人でも、テンプスタッフではネイティブ講師による英会話スキルチェックを行っているので簡単に自分の語学力を知ることができます。

一方「外資系でバリバリ働きたい!」という人は、外資系求人が多いマンパワーグループがおすすめ。

マンパワーグループは英語上級者向けの求人も多く、時給も比較的高めです。

在宅ワークで働きたい!

コロナをきっかけに、派遣会社も派遣先企業も在宅ワークに力を入れているところが多いです。

現に、2020年に比べて5倍以上求人が増えた派遣会社もあります。

中でも「リクルートスタッフィング」と「アデコ」は検索条件で在宅の頻度を選べる項目がありとても便利。

また「ランスタッド」は登録から就業まで全て在宅でできる「おうち派遣」という制度もあるので要チェックですよ!

関連記事派遣でも在宅勤務したい!どの派遣会社を選んだらいい?

ポイント2:住んでいる地域の求人が豊富か

大手の派遣会社はほとんどが全国展開していますが、やはり求人の多くは首都圏に集中しています。

首都圏に住んでいるならまだしも、地方に住んでいて「近くに求人がない」」という状況だと登録する意味がないですよね。

もしあなたが地方に住んでいるのなら、選ぶべき道は2つ。

  • 地方密着型の派遣会社に登録する
  • 全国的に求人を網羅している大手派遣会社に登録する

地域密着の派遣会社は大手が持っていない求人を保有していることが多いので、必ずチェックすべきです。

ただ、派遣会社によっては求人数が少なく、次の派遣先が見つからない・・・ということもあるので注意が必要ではあります。(←経験済み)

一方、大手派遣会社は地方に弱いですが、全国に支社&求人があるところであれば、大手ならではの幅広いネットワークや交渉力が頼りになるケースもあります。

ちなみに大手の派遣会社を選ぶ時は、「住んでいる地域での求人数」だけでなく、「住んでいる地域(もしくは近く)に支社があるか」もあわせて確認しておくようにしましょう。

ポイント3:時給が他社より低くないか

同じ案件を複数の派遣会社で抱えていることは珍しくないです。

なので、もし興味のある求人を見つけたら「他の派遣会社で同じ求人を持っていないか?」をチェックしてみましょう。

同じ求人かどうかは「勤務場所」「勤務時間」「仕事内容」「仕事環境」などを見れば大体分かります。(100%ではないですが・・・)

そして、同じ仕事内容なのに派遣会社によって時給が50円や100円違うなんてことザラにあります。

毎日8時間勤務に22日出勤、働けば働くほど時給の差が開いてしまうのは悔しいですよね。

実際、派遣会社が違うだけで時給が違う!と泣きを見る派遣社員を多く見てきました。

ただし注意点としては、求人の中には独占求人(他の派遣会社では扱っていない求人)の場合があるということ。

そして、時給が高い=他の求人でも高いとは限らないということです。

なので求人を見る際は、まず希望の職種に絞り、そこからさまざまな求人の時給を見てみる(全体的に求人の時給はどうかチェックする)と、派遣会社の時給の相場が見えてきておススメです。

ポイント4:給料から引かれる額が多くないか

派遣社員になると、毎月の給料から社会保険料や所得税が天引きされています。

引かれる金額は大体どこも差はないものの、できるだけ少ないに越したことないですよね。

そこで重要になるのが、各派遣会社の「マージン率」「健康組合保険率」です。

マージン率

マージン率とは、いわば派遣会社の「取り分」のことで、派遣先から支払われる料金からマージン分を引かれた額が、あなたのお給料になります。

マージン率は大体3割と言われていますが、派遣会社によって(厳密には、同じ派遣会社でも支社によって)僅かに差があります。

とは言え、マージン率はその支社の「就業人数」や「時給」などが反映されるので、時にものすごくマージン率が低いor高いというところもあったりします。

なので、ひとつの支社だけを見て判断するのではなく、近くの支店やエリアごとなど広い範囲で確認をするようにしましょう。

関東の平均マージン率については下にリンクがあります。

健康保険料率

健康保険料は、それぞれの派遣会社が加入している健康保険組合(協会)によって違ってきます。

加入している健康保険協会(組合)

協会けんぽ
協会けんぽ以外
  • テンプスタッフ
  • スタッフサービス
  • マンパワーグループ
  • アデコ
  • パソナ
  • リクルートスタッフィング
    ※リクルート健康保険組合
  • ランスタッド
    ※ITS (関東ITソフトウェア健康保険組合)

上記の通り、多くの派遣会社は「協会けんぽ」という健康保険協会に加入しています。

一方、「リクルートスタッフィング」と「ランスタッド」は別の組合に入っています。

これらの健康保険料率を比較すると、若干リクルートスタッフィングが加入している「リクルート健康保険組合」の自己負担が少なくなっています。

健康保険料率

協会けんぽ ⋗ ITS(関東ITソフトウェア健康保険組合) ⋗ リクルート健康保険組合

詳しいマージン率や保険料率について知りたい方は、ぜひ下記記事を参考にしてください。

参考記事【おすすめ派遣会社は?】求人数/社会保険料/マージン率を徹底比較!

さくら

マージン率は「関東支社の平均」を出して比較しています。

ポイント5:社員になれるチャンスがあるか

派遣社員からゆくゆくは社員になりたい!という場合、現時点で検討すべき選択は以下の2つです。

  • 無期雇用派遣制度の有無
  • 紹介予定派遣案件の豊富さ

無期雇用派遣

無期雇用派遣は通常の有期雇用派遣と違って「契約の期間」がなく、定年まで働くことができます。

ただし、無期雇用派遣はあくまでも「派遣会社の正社員」という位置づけであって、一般的な「正社員」とは少し違います。

派遣先では「派遣社員」として扱われますし、定年までに就業先がコロコロ変わる可能性もあります。

そこから派遣先の社員になれる可能性もありますが、契約社員の可能性が高いので「絶対に正社員になりたい!」という人はやめておいた方が無難です。

また無期雇用派遣は通常の派遣登録とは異なり、SPIのテストや面接等を経て無事社員として登録することができます。

無期雇用派遣に関しては多くの派遣会社がそれぞれ制度を設けていますが、特徴が大きく異なるのでよく比較してから自分に合った派遣会社を選ぶようにしましょう。

参考記事無期雇用派遣6社を分かりやすく比較。特徴(メリット)に大きな違いあり!

紹介予定派遣

紹介予定派遣は、派遣社員としてある一定期間(最長6ヶ月)働いた後、双方(あなたと派遣先)が合意すれば正社員、または契約社員などの社員になれるというものです。

詳しい雇用形態は応募の時点で分かる上、直雇用になる前に派遣社員として働きながら「会社を見極める」ことができるというメリットがあります。

実際私も紹介予定派遣を通じて派遣から正社員になり、事前に社内の雰囲気や人間関係を把握することができて良かったと思っています。

ただ、紹介予定派遣も契約社員の案件が半数ほどありますし、絶対に社員になれるという保証がないというデメリットもあります。

紹介予定派遣については詳しい流れ(体験談つき)を下記記事にてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

参考記事【流れ~コツまで】紹介予定派遣で人気の「事務正社員」を勝ち取る方法【まとめ】

派遣会社を選ぶ時の3つの注意点

注意その1:HPだけを見て決めない

当然ですが、HPというのは(派遣会社に限らず)基本的に「良いこと」しか書いてありません。

なので、HPだけを見て判断せず、実際にその派遣会社を利用している(したことのある)人の口コミ等(SNS含む)もあわせてチェックするようにしましょう。

注意その2: ひとつだけに絞らない

魅力的な派遣会社があったら、そこからひとつに絞らずに必ず両方(または複数)登録するようにしましょう。

派遣会社によっては、その会社しか持っていない独占求人があることも多いです。

また、すでに複数の派遣会社に登録しておけば、いざ興味のある求人を見つけた時に「まずは登録」というタイムラグを防ぐことができます。

↑こういった求人はカラ求人(登録させるためにある架空の求人)も多いんですが、中にはリアル求人(しかし人気の故早い者勝ち)というケースもあります。

とにもかくにも、気になる派遣会社があったなら早めに登録を済ませておいた方が後々便利ですよ。

注意その3: 担当者の対応も要チェック

WEBにて登録をした時、当日~数日以内に派遣会社の担当者から連絡があります。

その時の対応が良いか悪いか、レスポンスが早いか遅いか、また話しやすいかなどもあわせて確認しておくようにしましょう。

この時点で対応が悪いなと感じたら、登録した後もおそらく同じ対応を受けることになります。

レスポンスが遅い会社は、求人エントリーや面接を受けても「なかなか返信が来ない・・・」という事もあり得ます。

先ほど口コミも重要だと言いましたが、やはり「あなた自身が感じた印象」ほど信頼できるものはありませんよ。

それに、最初に感じた違和感って大体合ってることが多いです!

それでも迷ったらどこに登録すれば良い?

このように、派遣会社を選ぶ基準は色々あります。

それでも「どこの派遣会社にしたらよいか分からない!」という方もいるかもしれません。

さくら

判断材料がたくさんあればあるほど、悩みますよね、、、。

そんな方には、私はテンプスタッフをおすすめします。

理由は主に3つ。

  • 案件数、特にオフィスワーク案件が多い
  • 求人の質が高い(大手や優良企業が多い)
  • コーディネーターの対応が丁寧&親身

②③は、実際に私がテンプスタッフで働いた時に感じたメリットです。

私は派遣&紹介予定派遣ともにテンプスタッフでいくつもの派遣先で働いたのですが、そのどれも環境が良く、最後まで快適に働くことができました。

そのうち、紹介予定派遣で働いた先は今の就業先です。

また、悩むことがあっても定期的に担当が来てくれ声をかけてくれたので、その都度何でも気兼ねなく相談することができました。

元々テンプスタッフは創業者が「女性が働きやすい環境づくり」を目指して設立した会社ということもあり、社員も女性の割合が高いです(私の担当は全て女性でした)。

男性には言いにくいことや細かな要望なども相談できるという点も、テンプスタッフにして良かったなとすごく思いましたね。

事務求人に興味がある方はもちろん「担当者からの手厚いサポートを受けたい」という方は、まずテンプスタッフに登録しておけば間違いないですよ。

→テンプスタッフに登録する

まとめ

派遣会社を選ぶ時の基準は人によって異なります。

  • 希望職種の求人数が豊富か?
  • 住んでいる地域の求人が豊富か?
  • 時給が他社より低くないか?
  • 給料から引かれる額が多くないか?
  • 社員になれる可能性があるか?

ひとつに絞る必要はないので、さまざまな観点からぜひ「いいな!」と思う派遣会社を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくら

派遣社員として約10年(派遣先7社)勤務→30代で転職を決意し、20社以上失敗するも最終的にホワイト企業から内定→正社員として勤務。ブラック企業2度経験あり。詳しいプロフィールはこちら

-派遣
-,