不安定な派遣事情

30過ぎの派遣社員は需要ナシ?派遣の実情を知って自分を売り込もう

投稿日:2018年6月16日 更新日:

20代の時は割と簡単に仕事が決まっていたのに、30を過ぎてなかなか仕事が決まらなくなるとどうしても焦ってしまいますよね。

  • いいなと思った仕事にエントリーをしても、「いま他の方で話進んでるんですよね~。」と言って断られる(でもその後もずっと応募していたりする)
  • 派遣会社から仕事の紹介が全然来ない
  • 紹介が来ても全く希望じゃない案件が多い

なんて理不尽なことも、30を過ぎるとだんだん増えてきてしまいます。

そんな事が続いたら、

さくら
やっぱり派遣の35歳定年説って本当なのか。これからどんどん仕事が決まりづらくなるな・・・

と嫌でも不安になってしまいますよね。

 

でも、だからと言って絶望感いっぱいで何もしないでいてはもったいないです。

なぜなら、同じ「30すぎ」という条件でも、あなたの行動次第で今後仕事がゲットできるかできないかが大きく変わってくるからです。

 

「年齢に怯えることなく仕事をし続けたい!」と思うのなら、ぜひ本記事を参考にして不安な毎日から抜け出すようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

年齢の壁はたしかに存在する

これはもう、悔しいですが紛れもない事実です。

私も20代の頃からこれが不安でたまらなかったのですが、実際に30代になった途端仕事の紹介が激減しました。

 

当時のコーディネーターさんにも

今の年齢だとこのお仕事はちょっと厳しいですね。

とハッキリ言われてしまいましたからね。

 

本来は、派遣会社も派遣先の企業も【派遣社員の年齢を採用基準にしてはいけいない】という決まりがちゃんとあります。

(もっと言うと、事前に誰を採用するかという目的で面接すること自体派遣法で禁止されてます)

ですが、実際はちゃっかり事前面接をしたり、年齢ではじかれるケースはかなり多いです。

さくら
「面接」じゃなくて「社内見学」とか名前を変えたりしてね。

 

もっとひどいケースで言うと、派遣会社に募集をかける時に

「できれば若い子がいいな~」

なんて要望を出す会社まであるくらいですからね。

 

ちなみに、派遣社員のおよそ8割は20~30代なのですが、その中でも需要が最も多いのが20代半ば~後半。

そして、密かに言われている【暗黙の年齢制限】として言われているのが

  • 受付や一般事務で、おおむね30歳
  • オペレーターや経理で35歳

まさに、多くの女性が希望している「事務職」はまさに30代が運命の分かれ道なんです。

 

スムーズに仕事をゲットできるかどうかはあなたにかかっている

とは言っても、ただ現状を嘆いていても仕方ないです。

できるだけ自分に合った仕事に巡り合えるように、今あなたができることを着実にやっていきましょう。

 

派遣会社はできるだけ1つに絞ろう

仕事を選ぶ際は、派遣会社をなるべく1つ、多くても2社くらいに絞るようにしましょう。

できれば今働いている派遣会社が良いです。

 

というのも、コーディネーターがひとつの仕事を派遣社員に紹介する時、少なからず

  • 今まで働いてきた企業での勤務態度はどうだったか?
  • どのくらいの期間働いてくれたか?
  • 派遣先からの評判はどうだったか?

といったことを重視しているからです。

 

考えれば当然の話ですが、派遣会社としても、やはり今まで自分の派遣会社に貢献してくれた人には「仕事を紹介したい!」と思いますし、自信を持って派遣先に紹介しやすくなります。

 

未登録の派遣会社は期待薄

逆に、すごく良い案件があったとしても、それがまだ登録していない派遣会社だとしたらほぼ採用されないと考えておいた方が良いです。

 

それは、実績がないというのもあるのですが、それ以前に派遣登録をするだけで他の人との間にタイムラグが生じてしまうから。

よくあるケース

「あ、この案件良さそうかも♪」

↓(派遣会社に電話)

コーディネーター「まずは登録に来てください」

↓登録に行く

コーディネーター「あの案件は既に他の方に決まってしまいました」

 

私はこの繰り返しで何度も泣きを見ました・・・。

登録した派遣会社の数は数知れず。結局、最初の案件でそのまま紹介に至ったことはほぼありません。

 

ですので、くれぐれも仕事を探す時は

  1. 今あなたが所属している派遣会社
  2. 登録済みの派遣会社
  3. 未登録の派遣会社

の順で探すようにしてください。

 

ポイント

これから派遣として働くのなら、逆に今のうちにできるだけ多くの派遣会社に登録しておくようにしましょう。

実績がない今、重要なのは「できるだけ多くの案件に出会う」ことです。

ですが、最初から派遣会社を絞ってしまうとそもそもの案件に辿り着くことができません。

ちなみに、一番案件が多いのは「スタッフサービス」、次が「テンプスタッフ」です。

スタッフサービスは断トツに案件が多いですが、個人的には圧倒的にサポート体制が良い「テンプスタッフ」をおすすめします。

参考【失敗談あり】テンプスタッフで紹介予定派遣受けたら対応が神だった

 

登録済みの派遣会社には積極的に自分をアピールしよう!

そして、一番重要なのがコレ。あなたの存在を、きちんと派遣会社にアピールしてますか?

 

さくら
派遣会社から仕事の紹介が全然来ない・・・

と嘆いていても、いつまで経っても現状は変わりません。

 

というのも、コーディネーターは1人でたくさんの派遣社員を相手にしているので、正直あなたの存在を忘れてしまうこともあるからです。

 

特に、何かずば抜けたスキルを持っていたり、強く印象に残っている人でない限りはその他大勢の中に埋もれてしまいがちなんです。

そんな中で、ただ携帯を握りしめながら派遣会社からの連絡を待っているのってそれだけで時間がもったいないです。

そうこうしている間にも、ライバルたちはどんどん積極的に行動しています。

 

まずは、気になる案件があったら自分からどんどんエントリーをしましょう。

なかなか気に入った案件がなければ、条件を少し緩めるのもおすすめですよ。

 

そして、定期的に自分から派遣会社に連絡をして何か良い案件がないか確認したり、直接営業所に顔を出したりするだけでも全然違います。

 

「え~、そんなのめんどくさいよ。」

と思うかもしれないですが、実際頻繁にコーディネーターと交流している人ほど、何か良い案件があった時に「あの人に紹介しよう」と思ってもらえる可能性が高くなるんです。

なので、できるだけコーディネーターとは仲良くなっておいた方がお得なんですよ!

 

さくら
私も旅行会社で働いてた時、仲良くなったお客さんは「何としても席を確保してあげたい!(GWのハワイなど)」と思うことがよくありましたね。

 

毎日携帯とにらめっこで仕事を探すだけでなく、コーディネーターへの自己アピールも忘れないようにしてくださいね。

 

30代で不安だからこそ、今のうちに「正社員になる」という選択を

派遣はたしかに30代になると一気に紹介が少なくなります。

ですが、30代はまだ良いです。

これから40代、50代になると、それこそ大したスキルがない限り「どうしてもあなたを!」といったことが難しくなります。

たとえ採用されたとしても、時給が低い案件、短期の案件といったものになってしまうことも多くなります。

 

今不安に思っているのなら、これからその不安はどんどん大きくなっていくことは間違いないです。

それならば、30代の今のうちにがむしゃらに動いて「正社員」になってしまった方が後々ものすごく楽です。

金銭面もそうですが、何より「これから先どうなるんだろう」「定年までずっと働けるところあるかな」と不安に思うことはなくなります。

 

ちなみに私は10年近く派遣で働いてきましたが、30代で案件が減ったことをきっかけに転職活動をはじめました。

最終的には「紹介予定派遣」でかなり条件の良いホワイト企業に受かることができました。

 

ただ不安に思っているだけでは、何も変わりません。

ですが、少しでも行動を起こすことによって、今から半年後、1年後には今とは違った未来になっている可能性は十分にあります。

派遣というスタイルに少しでも不安を感じているのなら、迷わずに「今」行動に移すようにしてくださいね。

関連記事紹介予定派遣の嘘ホント!「デメリット多い」「おすすめできない」の真相は?

 

まとめ

仕事においては、まさに30代が運命の分かれ道です。

求人がグッと少なくなる今だからこそ、しっかりと自分を見つめ直し、今自分ができることを精いっぱい行うようにしましょう。

30過ぎた派遣社員が仕事をゲットするためにすべきこと

  • 派遣会社はできるだけ1つに絞ろう!
  • 派遣会社の登録は一般企業の面接だと思おう!
  • 自分から積極的にどんどんアピールしに行こう! 
  • これを機に正社員への道も検討しよう!

スポンサーリンク

-不安定な派遣事情
-, ,

Copyright© アラサー女の派遣生活 , 2019 All Rights Reserved.