お金/副業

貯金ができない一人暮らしのアラサー派遣が生き残るためにすべきこと

2018年6月12日

派遣で一人暮らしだから、毎月全然貯金できてない…。

毎月少しずつでも貯金したいけど、具体的にどんなことをすればいいんだろう。

将来安心して暮らせるように、他にも良い方法があったら知りたいな。

 

大型連休や体調不良などの急な休みで給料が左右される派遣社員にとって、毎月のやりくりは死活問題。

 

特に一人暮らしをしていると、それだけでお金が一気に無くなって、貯金どころか自由に使えるお金も限られてきてしまいますよね。

 

私も以前まで派遣で1人暮らしをしていたのですが、毎月お金のことを考えるのが本当に辛かったです。

 

ですが、「このままじゃ本当にヤバい」と思い、いくつかの節約術を駆使して最終的に月収18万のうち【最低5万円】を貯金できるようになりました。

さくら
と言っても、毎日もやし生活・・・みたいな節約じゃないです。

意識すれば誰でもできる簡単なことです。

そこで今回は、その具体的方法を全てご紹介したいと思います。

どれも今すぐ始めることができるものばかりなので、ぜひ実践してみてください。

月収18万円で毎月貯金5万円!実際に私がしていたお金を貯める方法

ずばり、私が月5万円を貯金するために行っていたのは以下の方法です。

貯める分は先に別口座へ入れる
使う分のお金は一気に引き出す
財布を用途別に分ける
カード払いでポイントを貯める

貯める分は先に別口座へ入れる

これは、給料が出たら必ず行うようにしていました。

給料日になったら、まずは有無を言わさず「5万円」を別口座へ移動。そして、残りの13万で生活。

はじめから強制的に貯金をしてしまうので、余計なものを買うことがなく、買う時も本当に必要なものだけ買うようになります。

また、給料日の前日の時点で少しでもお金が手元に残っている場合は、そのままサイフに入れておかずにその別口座に「預け入れ」へ。

そうすることで1円でも多く貯金額を増やすことができました。(ただし、あまりにストイックにせずに「お札だけ」預け入れしました。)

これは、できれば貯金専用の口座をひとつ作り「絶対に引き落とさない」と覚悟を決めて行うとより効果的です。

やる気もUPしますし、何より「貯金専用」なので、毎回通帳を見る楽しみが増えます。

千円でも5千円でも良いので、無理のない範囲で「毎月この額貯金するぞ」と決めたら、その額を【最初の時点で】別口座へ移動させておくようにしましょう。

使う分のお金は一気に引き出す

足りなくなってからその都度必要な分だけお金をおろすと、その分手数料がかかってしまいます。

特に私は休日、コンビニのATMでおろすことが多かったので、それだけで毎回216円かかってしまっていました。

なので、その対策として、あらかじめ

  • 食費→2万円
  • 交通費→5千円
  • 日用品代→1万円
  • 交際費→5千円

などと使う金額を決めておいて、その合計額を一気に引き落とすようにしていました。

これだけで、無駄に払っていた千円近くのお金が一回分の216円に!

ちなみに、コンビニATMでの手数料を0円に抑えたい方は、

給与振込を「ゆうちょ銀行」にして、ファミリーマートにある「ゆうちょATM」でおろす

という方法にすると、土日関係なく無料で引き落とすことができますよ。

財布を用途別に分ける

そして、基本財布はひとつではなく、用途別にわけて使用していました。

私の場合

  1. 食費用財布
  2. 日用品財布
  3. その他財布

の3つに分けていた

ひとつの財布にまとめて入れていた時は、たくさんのお金がある(ように思えて)つい使い過ぎてしまっていたのですが、財布を分けることで余計な買い物をしなくなりました。

ちなみに、食費にかぎっては、さらに一週間に使うお金ごとに分けて、財布の中には一週間分しか入れないようにしていました。

さくら
週ごとに管理することで、月末ピンチになることがなくなりました。

 

あとは、少し貧乏臭いのですが、コンビニやスーパーに行く前に少しお腹を満たして、「ついで買い」を防いでました。

これは、個人的にかなり効果が大きかったですね。

 

固定費を楽天カード払いにする

そして、スマホ代や光熱費などの固定費は楽天カード払いに統一していました。

 

どうして楽天カードを選んだかというと、ずばりポイントが溜まりやすく、提携店が街中にあるからです。


また、楽天カードは派遣社員でも審査がゆるいというメリットがあります。

 

まだ楽天カードを持っていない!という人は、1枚作っておいて損はないですよ。

参考記事
派遣社員がクレカ持つなら「楽天カード」1枚で十分です【理由は3つ】

クレジットカード作りたいけど、できれば派遣社員でも簡単に審査が通るカードがいいな。 楽天カードって結構有名だけど、ぶっちゃけどうなんだろう? 実際に使ってる人の声が聞きたい!   今回は、そ ...

続きを見る

今の時給に不満なら「副業」もアリ

そして、もし節約ではなく「もっとお金を増やしたい」というのであれば、副業をしてしまうという手もあります。

実際、派遣で働きながら副業をしている人はたくさんいます。

派遣会社としても、ほとんどの大手会社は副業を容認してますね。(ただし、スタッフサービスだけはNGです)

副業で手元に入るお金を増やしてしまえば、コツコツ節約する必要はないですし、何よりかなりの安心感があります。

 

私も副業をしています。

 

 

派遣の副業については下記記事に詳しくまとめていますので、ぜひこちらを参考にしてください。

関連記事
【派遣の副業】稼ぐなら「掛け持ち」ではなく「在宅ワーク」一択です

派遣一本だと収入が不安定だから、他に何か副業をやりたい! でも、そもそも派遣って副業やっていいんだっけ? 何かおすすめの副業があったら、それも知りたいな。   このような方のために、今回は「 ...

続きを見る

派遣から正社員を目指す

派遣の未来は、常に不安定です。

基本、正社員と比べると派遣社員の年収は、生涯で2倍も違うと言われています。

また、派遣は30代、40代になるにつれて紹介される案件が少なくなりますし、いつ仕事がなくなるか分からないという大きなリスクを常に持っています。

また、最近では度重なる派遣法改正で雇用が安定するどころか「不安定」になってます。

関連記事
過度な期待は禁物!「同一労働同一賃金」で派遣切りはさらに増える

同一労働同一賃金が始まって、ようやく派遣社員も正社員と同じ待遇を受けられるようになった! ずっと派遣で辛い思いをしてたけど、これからは金銭面でも安心して暮らせるようになるのが嬉しい!   も ...

続きを見る

 

今できることとして、今の給料から毎月貯金するのはもちろん大切。

ですが、今後のことを考えると、できるだけ早めに派遣を卒業して、正社員の道を選ぶのがベストです。

ちなみに私は紹介予定派遣で正社員になったのですが、正社員になったことで得た幸せは何事にも代えられない程でした。

「ずっと派遣」は気楽で良いですが、金銭面においては人生詰みますよ。

参考派遣から正社員へ!30代女性でもスムーズに転職成功する方法

まとめ

今よりも心に余裕を持って生活を送るためには、少なくとも今の状況を変えなければいけません。

読んで「なるほどね」と納得しただけでは、何もしていないのと同じです。

できることからで良いので、少しずつ行動に移すようにしましょう。

 

一人暮らしのアラサー派遣が生き残るためにすべきこと

  • 貯める分は先に別口座へ入れる
  • 使う分のお金は一気に引き出す
  • 財布を複数に分ける
  • 固定費を楽天カード払いにする
  • 空いた時間を副業にあてる
  • 一刻も早く派遣から抜け出す

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

  私、今のまま派遣でいいんだろうか… 友達はみんな正社員で働いてて焦る… 20代のうちに正社員になりたい!   そんなあなたに、今回は派遣からでも正社員になりやすい転職エージェン ...

2

気がついたら派遣のまま30代になってしまった・・・ このまま派遣で働き続けることに不安を感じる 本当は正社員になりたいけど、なれる自信がない   30代で派遣から正社員へ転職となると「ずっと ...

3

  ずっと事務派遣で働いてたけど、そろそろ本気で正社員を目指したい! 紹介予定派遣に興味あるけど、具体的にどんなことをしたらいいんだろう。 紹介予定派遣ならではの注意点とか受かるコツとかあっ ...

4

派遣先から突然「次回更新なし」と言われた! 今まで会社のために頑張って働いてきたのに、いきなり切るなんて! まだ契約満了まで日にちあるけど、もう会社に行きたくない!!   派遣切りが相次ぐ今 ...

5

  会社が辛くて精神的に限界。 でも、辞めたとしても次がすぐに決まる気がしないし、退職後の生活が心配だな…。   特に今は、コロナの影響もあって退職後すぐに仕事を見つけることがいつ ...

-お金/副業
-

© 2020 アラサー女の派遣生活