派遣 転職

派遣の無期雇用はデメリットしかないと思っているあなたへ。その考え間違っていません。

2018年7月17日

無期雇用派遣ってぶっちゃけどうなんだろう。

デメリットが多いって聞くし…。

3年経っても無期雇用派遣は、辞めておいた方がいいのかな。

 

ハッキリ言います。その考え、決して間違ってません。

 

無期雇用派遣について調べると

  1. 定年まで安定して働ける
  2. 今の派遣先でずっと働ける
  3. 時給制から月給制になる

と、まるで正社員並みのメリットが挙げられていますが、無期雇用派遣は正社員と待遇がまるで違います。

 

そこで今回は、無期雇用になることで起こりうるデメリットの数々を、実際の声(ツイッターの口コミ)と共にご紹介したいと思います。

 

今まさに無期雇用派遣になるか考えている人は、本記事を参考にした上で「本当にあなたにとって良い制度かどうか」を検討してください。

 

2021年1月追記

デメリット最後に、コロナによるデメリット(どんなことが起きてるのか)を追記しました。

 

スポンサーリンク

無期雇用派遣の6つのデメリット

その1:もらえるお金が減る可能性がある

 

無期雇用になると、実はもらえるお金が「少なくなる」可能性があります。

 

中でもよくあるのが「交通費を支給する代わりに、時給が下げられる」パターン

 

たとえば大手派遣会社のパソナは、交通費を支給するかわりに「時給が60円下がる」仕組みになっています。

それでいて交通費の上限は1万円。正直、終わってますね・・・。

関連記事「パソナの無期雇用がひどい」と言うので、どれだけひどいか調べてみた

 

ちなみに2020年4月から同一労働同一賃金になり、表向きは「社員とおなじ待遇なら同じ賃金」になりました。

しかし派遣会社によっては無期雇用派遣社員になっても「あまり変わらない」「むしろ悪くなった」といった声もあるので注意が必要です。

 

みんなの声

 

まとめ

いくら交通費やボーナス支給となっていても、トータルでもらえるお金が少なくなってしまったら意味がない

 

その2:昇給の交渉がしづらくなる

無期雇用派遣になると、契約期間というものがなくなるので、なかなか自分から昇給の交渉がしづらくなります。

 

また、派遣会社によっては最初から「無期雇用派遣になったら基本昇給はありません!」という契約のところもあったりします。

 

大手の派遣会社には「昇給制度」が設けられているところもありますが、その基準は会社によってまちまち。しかも、その審査も少なからず通常派遣の時より厳しめです。

 

そもそも、無期雇用派遣になると「派遣元の社員」と前よりも弱い立場になってしまいますからね。今までのようにグイグイ行けない雰囲気も、昇給の大きな妨げになっていると思います。

 

みんなの声

 

まとめ

基本、無期雇用派遣になったら昇給は期待しない方が良い

 

その3:働く会社がどんどん変わる

無期雇用になることで3年の縛りはなくなりますが、一生そこで働ける保証はどこにもありません。

 

契約期間はないけれど、通常派遣の時と同じように会社の都合で働けなくなってしまうことは普通にあり得ることです。

何かあった時に真っ先に切られるのは派遣社員や無期雇用派遣です。

 

「ずっとここで働き続けたかったから無期雇用を選んだのに!」と思っても、派遣先は容赦しません。

だって、本当にあなたを必要としてるなら、派遣先の企業は今頃あなたを「直接雇用」として迎えているはずだから。

 

それを選択しなかったということは、何かあった時には最終的にあなたを手放す覚悟はできているということですよ。

 

みんなの声

まとめ

いくら好きな派遣先でも、無期雇用派遣になったからと言ってずっとそこで働ける保証はどこにもない

 

※特に最近は「同一労働同一賃金」によって派遣自体を敬遠している企業も少なからずあります。

詳しくは「同一労働同一賃金で無期雇用派遣は「対象」でも安定からは程遠い」を参考にしてください。

 

その4:派遣先を選べない

そして今の派遣先で働けなくなった時、派遣会社は次の会社を探してくれますが、その会社は基本「派遣会社によって」決定されます。

 

つまり、今までの時のように「〇〇駅から〇〇駅までの範囲で」とか「残業は10時間以内で、絶対に土日休み!」といった希望で探すことができなくなってしまうんですよね。

 

もちろん、希望の地域や職種などは多少なりとも考慮されますが、それでも地域の範囲が広かったり(〇〇県内、など)、職種も幅広くてピンポイントで「コレ!」といったものを選ぶことはできません。

 

また、派遣会社は無期雇用のスタッフに『仕事をしていない期間』でもお給料を支払わないといけないので、その期間を限りなく少なくするためにもできるだけ早く次の仕事を紹介してきます。

 

時にはそこがあまり良くない会社だったり、人手不足のところで誰でもいいからすぐに人が欲しい!なんて案件に当たる可能性もゼロではないんです。

 

それでも基本文句が言えなくなってしまいますし、紹介されたところを次々と断っていたら、業務放棄で最悪解雇されてしまう可能性もあります。

 

無期雇用になって今の派遣先でそのままずっと働ければいいのですが、働けなくなった途端色々な会社をたらい回しにされる可能性がある、というのはどう考えてもリスキーな働き方じゃないでしょうか?

 

みんなの声


まとめ

派遣会社に紹介された派遣先がサイアクなところだったら一気に地獄へ

 

その5:いつまで経っても「正社員」にはなれない

無期雇用派遣は同一労働同一賃金が施行されてから交通費が支給されるようになり、中にはボーナスもあったりで表向きの待遇は「正社員と全く変わらない」と考える人も多いと思います。

 

ですが、紹介予定派遣のように「派遣先の正社員を目指す」という働き方ではないので、いつまで経っても「派遣」止まりです。

 

特に、コロナでよく分かったと思います。

何かあった時に真っ先に切られるのは派遣ですし、テレワークなどの待遇も派遣だけ出勤(正社員は自宅待機)といった企業も数えられないくらいありました。

 

無期雇用派遣は、やはり正社員とは似て非なるもの。待遇は全然違います。

現に、無期雇用になってから辞める人も少なくないですし、しかもその大半は正社員に転職しています。

 

そういったことからも、いかに無期雇用が「精神的に不安定なものか」ということが分かりますね。

 

みんなの声

 

まとめ

本当の意味での安定は、正社員になることでしか叶わない

 

追記

なお、無期雇用派遣の中には派遣先の直接雇用を目指す「ファンタブル」という制度があります。(テンプスタッフの無期雇用派遣)。

こちらに関してはメリットデメリットがありますので「【ファンタブルの5つの注意点】事務未経験から優良企業社員に!の実態とは」を参考にしてください。

 

その6:正社員並みに厳しい選考がある

そして残念ながら、いくら無期雇用として働きたいと言っても、誰でもなれるわけではありません。

 

というのも、無期雇用派遣になるにはいくつかの選考があり、そこで受からなくてはならないからです。

 

大手派遣会社の選考基準

  • アデコ・・・書類選考、適性検査(能力・性格・ストレス診断)、面接
  • テンプスタッフ・・・説明会、SPI、面接、最終選考
  • スタッフサービス・・・説明会、面接(エリアによって選考フローが異なる)
  • パソナ・・・一次(書類)選考、二次(適性検査)選考、三次(面接)選考、最終選考

 

ここからも分かる通り、どれも選考は正社員並みに厳しいです。

 

それに多くの派遣会社は、これから経験を積んで活躍する機会の多い若年層】をターゲットにしています。

 

つまり、30代や40代の人は、それだけで20代よりも圧倒的に不利になってしまうということ。

実際、「30代で将来不安だから、無期雇用になるぞ!」と意気揚々に応募しても、あっけなく落ちてしまって結局また派遣・・・となってしまうケースも決して少なくないです。

 

みんなの声

まとめ

結局、無期雇用派遣は選考に通った人しかなれない

 

(追記)その7:コロナによって起こっているデメリット

そして今回のコロナによって、無期雇用派遣も一般の派遣社員同様大きな打撃を受けています。

 

特に最近はコロナの影響で「次の派遣先がなかなか決まらない」という事態も発生しています。

次がどうなるかは派遣会社にかかってますし、万が一自分で転職活動をしたとしても、派遣会社から連絡があればそちらを優先しないといけなくなります。

 

ここからも分かる通り、コロナでも無期雇用だから安泰…ということは、間違いなく「無い」と言ってよいです。

 

無期雇用・・・これって本当に「安定」なの?

以上のことから考えても、決して無期雇用派遣=「雇用が安定する」とは言えないのが現実です。

 

むしろ、無期雇用派遣になったら

  • この先どこに派遣されるか分からない
  • 派遣先が変わるごとに環境がガラリと代わり、仕事もイチからやり直し
  • 正社員に比べたら圧倒的に待遇が悪い

といった事が起き、少なくとも精神的には今までよりも不安定になる可能性大です。

 

ハッキリ言います。

本当の意味での安定を求めてるのなら、その場しのぎで無期雇用派遣を選ぶのではなく、最初から「ここ」という会社で正社員を目指した方がずっと良いです。

 

先ほども言いましたが、無期雇用として働いて、辞めた人は結局正社員の道を選んでいます。

 

もちろん派遣から正社員の道は厳しいです。

ちなみに私は過去に20社以上落ちました。ブラック企業にも入りました。

ですが最終的にテンプスタッフ「紹介予定派遣」を使って正社員になることができました。

 

紹介予定派遣も正社員並みに選考が厳しいですが、最終的に「正社員」になれる可能性があります。

これは、個人的にとても大きな違いだと思っています。

参考【流れ~コツまで】紹介予定派遣で人気の「事務正社員」を勝ち取る方法【実体験】

 

もちろん、転職エージェントや転職サイトを利用して転職する方法もあります。

どちらにせよ、この記事を読んで

  • 無期雇用派遣って何だか不安
  • あちこちいろんな場所に飛ばされるのは嫌だ

と少しでも思うのなら、必ず無期雇用派遣ではなく「正社員」という選択をするようにしましょう。

 

※派遣から正社員になるためのおすすめ転職エージェント(年代別)は記事の最後にまとめています。

 

まとめ

表面上はメリットたくさんの無期雇用派遣ですが、蓋を開けるとデメリット(派遣社員が働きづらい事情)がたくさんあります。

 

現状、無期雇用派遣は派遣社員のためではなく「派遣会社」のためのものです。

 

変な話、コマのように使われる可能性もあります。

今まさに無期雇用派遣を検討している人は、本記事を参考にして「それでもなりたいかどうか?」とよく考えてから決めるようにしてくださいね。

 

派遣から正社員になるためのおすすめ方法

 

【20代&30代】派遣から正社員になるためのおすすめ転職エージェント

→30代の方はこちら(クリックで下に飛びます)

20代派遣女子におすすめのエージェント3選

第二新卒エージェントneo

おすすめポイント

  • 1人1人に対するサポート時間が長い!
  • 100%企業を直接訪問しブラック企業を徹底排除!
  • カウンセラーの年齢や境遇が近く相談しやすい!

第二新卒エージェントneoは何と言ってもキャリアカウンセリングに時間をかけているところが大きなポイント。

なんと、1人あたり平均8時間以上!1時間の面談も平均4~5回行い、仕事に対する価値観や思い、今抱えている悩みなど全てをさらけ出すことから始まります。

その上であなたに本当に合った企業を判断&厳選して紹介してくれるので、仕事へのミスマッチを極力減らすことができます。

「何がやりたいか分からない」という人はもちろん、「本当に自分に合った仕事を紹介してほしい」という人は必ず登録すべきエージェントです。

 

doda

おすすめポイント

  • 求人数約10万件と国内最大級!
  • 女性の転職に力を入れている!
  • 応募書類の添削サポートの評価が高い!

dodaの特徴は、何といっても未経験者やそれ以外も含むトータルの求人数が「ずば抜けて」多いこと。

大手や有名企業との取引も多く、独占求人も多いため「他では見つからなかった優良案件」に出会う可能性も高くなります。

また、dodaはサポート力に定評があり、「dodaの添削を受けた職務経歴書で転職できた!」という声もあるほどです。

これまで派遣でつちかった能力を活かしたい人、圧倒的なサポートの元転職したい人はdodaへの登録は必須ですよ。

 

就職shop

おすすめポイント

  • 未経験者OKの求人ばかり8,500社以上!
  • 書類選考一切なしで面接まで進める!
  • 正社員未経験者の多くが転職成功してる!

就職shopはあの業界最大求人数を誇る「リクルートエージェント」と同系列です。

実績や経験を重視する求人が多いリクルートエージェントとは違い、経験の浅い20代をメインターゲットに「未経験歓迎」の求人に絞って求人を紹介しています。

また、未経験というと営業を紹介されるイメージが大きいですが、就職shopで転職した女性の約4割が「事務・アシスタント」業務へ転職しています。

「今までの経歴に自信がない」「書類選考でいつも落とされる」という人は、ぜひ書類選考一切ナシの「就職shop」を利用するようにしましょう。

 

 

30代派遣女子におすすめのエージェント3選

doda

おすすめポイント

  • 30代の利用者が多く、30代向けの求人が豊富!
  • 実際に企業人事をしていた人がアドバイザーとして多数在籍!
  • 「スカウトサービス」機能で企業からの直接オファーが来る可能性も!

dodaは20代おすすめに続き、30代の派遣社員にとっても非常におすすめの転職エージェントです。

というのもdodaの利用者の半数以上は20代~30代なので、自分に最適な求人に多く出会いやすいというメリットがあるからです。

またdodaは応募書類の添削に定評があり、dodaの添削のおかげで転職に成功したとの声も実際にあります。

コロナ禍でも約10万件の求人を持っているdodaはやはり「強い」です。

より多くの求人に出会うためにも、必ずdodaへの登録は済ませるようにしましょう。

 

JAIC

おすすめポイント

  • 未経験から正社員での就職成功率 81.1% !
  • 書類選考なしで約20社の優良企業と面接できる!
  • 30代限定/女性限定の就職講座あり!

JAICは派遣社員やフリーターなどこれまでに正社員経験が無い(もしくは浅い)人向けに特化した転職エージェントです。

ちなみに上の広告は34才までとありますが、現在は39才まで支援可能。

案件全てが正社員で、しかも書類選考なく面接を受けることができるので経歴に自信がない人でも臆することなく活動することができます。

また、企業を何度も訪問することでブラック企業を排除しており、事実入社後の定着率「91.3%」と非常に高い数字を誇っています。

 

ワークポート

おすすめポイント

  • 今後ますます伸びる「IT系」に未経験で転職できる!
  • 求人を出し惜しみなくどんどん紹介してくれる!
  • リクナビNEXT主催の「転職決定人数」No.1を何度も受賞!

ワークポートはIT系やWEB系に強い転職エージェントです。

他の業種も取り扱ってはいますが、元々IT系に特化していたというだけあって圧倒的にIT系の求人が多く、他にはない独占求人も多くみられます。

また女性に向けた転職サービスも行っており、女性のための専任コンセルジュ(アドバイザー)が「女性が働きやすい求人」を厳選して紹介してくれます。

「手に職をつけて働きたい!」「未経験だけどIT系やWEB系に興味がある!」という人は迷わずワークポートへの登録するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-派遣, 転職
-, ,

© 2021 アラサー女の派遣生活