派遣からの転職

アデコの無期雇用制度「ハケン2.5」は派遣社員にとって得なのか?調べてみて分かったこと

投稿日:2018年9月15日 更新日:

2018年6月に新たにサービスがスタートしたアデコの無期雇用制度「ハケン2.5」

巷では

「画期的なサービス!」
「他の派遣会社よりも良い!」

という声がありますが、実際はどうなのでしょうか?

私は基本、派遣社員の無期雇用制度自体おすすめしていないのですが(参考派遣の無期雇用はデメリットしかないと思っているあなたへ。その考え間違っていません。)、それでも期待の声のあるこの「ハケン2.5」は気になりますし、もしすごく良いのなら無期雇用もアリかなと思います。

「ハケン2.5」はまだ始まったばかりのサービスなので情報が乏しいのですが、調べに調べまくって、そして実際にアデコの担当者にも質問をぶつけてみましたよ!

その上で分かったこと、そして「ハケン2.5は派遣社員にとって得なのかどうか?」について、私なりの考えをまとめました。

 

スポンサーリンク

「ハケン2.5」は、3年待たずとも無期雇用社員になれる

「ハケン2.5」の最大の特徴と言えば、何といっても

  1. 他の派遣会社で勤務していてもアデコの無期雇用に応募できる
  2. 無期雇用の3年を待たずして、2.5年以上同じところで働いていれば応募できる

という点ではないでしょうか?

たとえば、

「ずっとスタッフサービスで派遣やってるけど、スタッフサービスの無期雇用は条件がちょっとな・・・」

とか(スタッフサービスはあくまでも一例です)、

「アデコの条件ってまさに私にピッタリ!アデコだったら無期雇用になりたいんだけどな~ 」

と考えてる人にとっては、まさに理想のサービスなのではないかと思います。

また、3年待たずともアデコの無期雇用に転換することができるので、よくある「契約3年直前になって雇い止めをくらう」という危険性を回避できるというメリットもあります。

あわせて読みたい
【派遣社員の直接雇用】3年直前で雇い止めする会社が多数!これが合法っておかしくない?

  1つの職場で【3年】派遣社員として働いたら 派遣先の企業で直接雇用してもらえるよう、派遣元が依頼することができる。 派遣先の企業はその依頼を受け入れる「努力義務」が発生する 2015年に ...

続きを見る

「もうすぐ働いて3年。これからどうなるか不安で仕方ない」
「雇い止めに合って露頭に迷う前に、一刻も早く今の不安定な状況から抜け出したい」

と考えている人は、アデコの「ハケン2.5」は検討の価値アリだと思いますよ。

さくら
ちなみに、応募の条件は

『現在の職場で継続して2.5年以上継続し、現在もその職場で勤務している派遣社員の方』

とあるのですが、それ以外(もうすでに辞めてしまった、雇用期間が微妙)の場合も個別に相談に乗ってくれるそうです。

どこまで融通が利くのかは分かりませんが、きちんと話を聞いてくれるという点は個人的には高評価ですね!

 

いざ「ハケン2.5」の無期雇用になったら生活はどう変わる?

「ハケン2.5」は応募の条件が他とは異なるものの、やはり一番重要になってくるのは「その後の待遇」なのではないでしょうか?

では、実際に「ハケン2.5」で無期雇用になったらどうなるのか?他の派遣会社の無期雇用の待遇とも比較しながら考えてみたいと思います。

 

給料は「時給制」

「ハケン2.5」は、無期雇用制度になっても時給制です。

ちなみに、他の大手派遣会社の無期雇用制度を見てみると

  • テンプスタッフ(ファンタブル) → 月給制
  • スタッフサービス(ミラエール) → 月給制
  • リクルートスタッフィング(キャリアウィンク) → 月給制
  • パソナ → 時給制
  • マンパワー(M-Shine) → 月給制

と、ほとんどが月給制です。

その中でアデコは時給制。

つまり、アデコの場合は無期雇用になっても、これまでの派遣社員の時と同じように休みが多ければ多いほど給料に影響が出てしまうということになってしまいます。

個人的には、これはかなりイタイなと思いました。無期雇用になったら、やはり月給制になってほしいですよね。

ちなみに、アデコにはもう1つ「キャリアシード」という無期雇用制度があって、そちらは月給制なのですが、「ハケン2.5」の社員になるよりもはるかにハードルが高いです。

キャリアシードに求める人材

一定の実務経験とスキルを有する優秀な人材を地域限定型の正社員として無期雇用した人材を、派遣をお探しの企業さまにご紹介する新たな派遣のスタイルです。

ただ、ハケン2.5の場合は無期雇用になっても『原則現在の時給で』設定されるので、よくある

「無期雇用になった途端に時給を下げられた!」

といったケースは少なく、少し安心できるかもしれませんね。

補足

ただ、必ずしも同じ時給が約束されているわけではないですし、HPに「地域エリアや職種によっては降給もある」という記載もあるので、100%期待はしない方が無難!

いざという時のためにある程度の心積もりはしておきましょう。

あわせて読みたい
「無期雇用派遣になったら時給が下がる」はよくある事。大手派遣会社も例外ではない

派遣会社の無期雇用派遣に興味があるけど、担当者から「今より時給が下がります」と言われた! これってどうなの?あり得なくない??と理不尽に思う人は多いのではないでしょうか? たしかに無期雇用派遣になれば ...

続きを見る

 

「ハケン2.5」は賞与(ボーナス)がない

賞与についてはHPにハッキリとした記載がなかったので直接担当者に確認をしてみたところ、「賞与はお出ししていません」とキッパリ言われてしまいました。

ちなみに、こちらも大手派遣会社の無期雇用と比較すると

  • テンプスタッフ(ファンタブル) → 賞与あり(年2回)
  • スタッフサービス(ミラエール) → 賞与あり(年1回?)
  • リクルートスタッフィング(キャリアウィンク) → 賞与あり(年2回)
  • パソナ → おそらく賞与なし
  • マンパワー(M-Shine) → 賞与あり(年1回)

と、圧倒的に賞与ありの会社が多いです。

たとえ年1回だとしても、賞与はあるに越したことないですよね。同じように働いていたら1万でも多くもらいたいと思うのは当然のことです。

たとえ他の派遣会社の賞与が大した額じゃなくても、今後業績によっては増える可能性だって十分あります。が、アデコの場合いくら業績が良くなってももらえる賞与は『ゼロ』です。

ちなみに、こちらも「キャリアシード」だと賞与はあるそうです。差別化を図りたいのかもしれないですが、他の派遣会社だともらえるんだ、と思うと何だかむなしくなってしまいますね・・・。

 

「ハケン2.5」に関するギモン

他の派遣会社からアデコに変わっても、そのまま今の派遣先で働ける?

無期雇用を希望している人の中には「できるなら今の会社で働き続けたい」と考えている人は多くいると思います。

これが同じ派遣元(テンプ派遣→テンプ無期雇用など)だったら、そのまま営業マンが派遣先と交渉をする流れになると思うのですが、もしその会社が今までアデコと取引がない会社だったらすんなり話が決まらないのではないのでしょうか?

例えば、もしその会社がテンプをひいきにしていて、ずっとテンプから派遣社員と採っているような会社だったら?

担当がアデコに代わったタイミングで、そのまま継続ではなく「契約終了」になってしまわないでしょうか?

これについて実際にアデコ担当者に聞いてみると、

お取引がない企業の場合は、こちらで営業活動し、求人をいただいた上でご案内となります。

との回答がありました。

ここで思ったのが

さくら
頑張ってくれるのはありがたいけど、同じ派遣会社でずっといた人よりは不利になってしまうんじゃないかな?

ということ。

ちなみに、以前アデコの社長は

無期雇用派遣サービスは、就業先に請求する料金が高くなりますし、就業先から無期雇用を発注いただけないケースもあります。

と言っていたので、そもそも同じところで引き続き働くこと自体、結構難しいことなののかもしれません。

 

有期雇用に一旦戻った場合は、また最初からやり直し?

「ハケン2.5」は、無期雇用になっても自分の希望に合わない場合は無期雇用を一旦退職して有期雇用として働くことができます。

なので、例えば

「紹介された勤務先はちょっと遠くて厳しいな」
「結婚したからしばらくは週3回にしたい」

といったことで「このまま無期雇用で居続けるのはキツイ」と判断したら、その希望を叶えることができます。

その場合、また無期雇用で働きたい時はどうするのか?HPに『一旦退職』という記載があったので、復帰する時はすんなり行けるのかと思ったのですが、担当者に聞いたところ

一度退職され、再度ご応募いただくには、原則再度ご応募の流れとなります。

また、ご希望やご条件等により、残念ながら採用を見合わせる場合もございます。

と回答が来ました。

これはおそらく他の派遣会社も同じなのでしょう。やはりそううまくは行かないですよね。

 

「簡単な選考」ってどれだけ簡単なの?

無期雇用の選考って、通常の派遣の登録と違って難しい印象がありますよね。

でも、アデコの「ハケン2.5」は「簡単な選考」を売りにしています。

じゃあ具体的にはどんな選考なの?と調べたところ

  • アデコ登録時の各種テスト
  • 職務経歴書
  • 面接

と書かれてありました。

ちなみに他の派遣会社だと、SPIや面接数回、テンプスタッフ(ファンタブル)は最終選考として研修を受けなくてはならないなどあるので、それに比べたら比較的簡単そうです。

ちなみに、2018年4月のテスト運用の時点で700人以上が無期雇用転換され、2018年中にさらに追加で4,000人以上が無期雇用になる予定だそうです。

分母が分からないので何とも言えませんが、人数だけ聞くとたしかに比較的受かりやすい制度になっているのかもしれません。

 

まとめ

アデコの「ハケン2.5」は、他の派遣会社に比べて受け入れ態勢がバツグン、自由度も高いですし、無期雇用を希望する人は比較的容易にそのポジションに就けそうだなという印象を受けました。

ただ、

  • 時給制
  • 賞与が出ない

ということを考えると、派遣の時とあまり変わらないのではないか?とどうしても思ってしまいます。

プラスのことと言えば、

  • これまでの時給に交通費がつくこと
  • 定年まで安定して働くことができるようになること

の2つですが、交通費には上限がありますし、「安定」と言ってもコロコロ派遣先が変わるので精神的には安定しにくいのは間違いないです。

※無期雇用のデメリットについては下記記事でまとめています。

今回アデコの「ハケン2.5」を調べてみて、正直私は待遇があまり良いとは言えないなという感想を持ちました。

もし無期雇用を検討しているならテンプスタッフやスタッフサービス(ミラエール)の方がやや条件が良さそうですが、長い目で見るとやはり正社員への道を選んだ方が賢明ですね。

▼実際に無期雇用派遣になった人の声を聞く▼

スポンサーリンク

-派遣からの転職
-

Copyright© アラサー女の派遣生活 , 2019 All Rights Reserved.