副業

【派遣の副業】稼ぐなら「掛け持ち」ではなく「在宅ワーク」一択です

2019年11月29日

「今の時給だと生活が厳しい!」
「もうちょっとお金を稼ぎたい!」

そんな時におすすめなのが【副業】です。

 

ちなみに派遣の場合、所属している派遣会社の「就業規則」で禁止していなければ基本的に問題ありません。

 

大手派遣会社の副業への見解

  • テンプスタッフ・・・問題なし
  • アデコ・・・問題なし
  • スタッフサービス・・・副業NG
  • リクルートスタッフィング・・・問題なし
  • マンパワー・・・問題なし
  • パソナ・・・問題なし

大手だと、唯一スタッフサービスがNGになります。

 

また、他の派遣会社は副業「OK」の記載はないですが、特に禁止項目もないので基本的に「問題なし」という見解ですね。

 

ここに注意

ただし、副業OKの条件として「本業に影響がないようにする」を前提にしている派遣会社がほとんどです。

また、派遣会社がOKでも派遣先がNGの場合もあるので、心配なら事前に派遣担当に確認しておいた方が確実です。

 

不安定な派遣でも副業でお金が稼げればだいぶ精神的にも安定しますよね。

 

ちなみに、副業というと「派遣の仕事が終わってからバイトする」「土日に近所のカフェで働く」といった『2つの会社の掛け持ち』を考える人がいますが、個人的にはおすすめしません。

 

そこで今回は、その理由と私が考える「おすすめ副業」をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

派遣の副業で「2社の掛け持ち」はおすすめしない【理由は3つ】

先ほども書いたとおり、私は2社の掛け持ち(派遣と居酒屋バイトなど)の副業はあまりおすすめできません。

 

その理由は、以下の3つ。

  • 体力勝負になるから
  • 倍ストレスが溜まるから
  • 本業に影響が出る可能性があるから

 

体力勝負になるから

これは、人によっては「体力あるから大丈夫」「土日だけなら大丈夫でしょ」と思うかもしれませんが、最初にそう考えてバイトをはじめ、徐々に力尽きた人を知っています。

 

その人は平日週3でバイト(居酒屋)をしていたのですが、張り切って頑張っていたのははじめの1~2ヶ月。

 

次第に「あ、前の日バイトだったんだな」と分かるくらい疲れが顔に出るようになってきて、傍から見ていて「お金は稼いでるけど、人生消耗してるな」という印象しかありませんでした。

 

もしかしたら、20代前半などの若い方なら大丈夫かもしれません。

ですが30代以降になると「派遣が終わってから次の仕事へ向かう」「土日は休まずバイトに行く」という生活をずっと続けるのはキツイ以外の何物でもないです。

本人も「バイト疲れる」「今日はバイトだ…」とよく愚痴を言っていましたね。

 

倍ストレスが溜まるから

掛け持ちをするということは、2つの会社で「ただ働く」というだけではありません。

 

  • 掛け持ち先に嫌な人がいる
  • 掛け持ち先の上司が生理的に無理

といった人間関係の問題が出てくる可能性もありますし、副業とは言え責任をもって仕事をする以上、多少なりともストレスは発生してきます。

 

また、本業(派遣)で何かストレスを抱えたとしても、それを発散したり趣味に費やす時間もなかなか持てなくなってしまいます。

 

派遣のストレスを掛け持ち先で発散できるならそれがベストですが、実際はなかなか難しいですね。

友人を見ていてもただただストレスが溜まっていく一方でした。(見てるだけで辛かったです)

 

本業に影響が出る可能性があるから

先ほども言いましたが、掛け持ちをすることによって体力的に疲労が溜まってくると、少なからず派遣での業務にも影響が出てきます。

 

また、スケジュールの管理も大変になってきます。

 

たとえ掛け持ちの勤務時間の希望を出していても、場合によっては

「この日〇〇さんが来れないから出てくれないか」
「今日は忙しいからもう1時間だけ残業してくれないか」

といった話をされたらめんどくさいですし、逆に本業の派遣で急な残業になった時に「バイトがあるから」と行って断ることもなかなか厳しいです。

 

冒頭にも話しましたが、基本ほとんどの大手派遣会社は副業OK、でもそれには「本業に支障を出さない」という大前提があります。

 

ちなみに本業に影響が出た場合、まず考えられるのは「派遣先企業から営業担当にお達しが行く」ということ。

当然あなた&派遣会社の印象も悪くなりますし、いくら派遣会社が副業OKでも、場合によっては派遣先企業から「副業なんて禁止にしろ」と言われるかもしれません。

 

掛け持ちがきっかけで本業で働きにくくなったら元も子もないですよね。

そういったスケジュールの調整や、それに伴う小さなストレスの数々は、掛け持ちをするならある程度覚悟しておく必要があります。

 

派遣で副業したいなら「在宅」がおすすめ

ズバリ、派遣社員が副業で稼ぐなら「自宅で稼ぐ」に特化した方が圧倒的にコスパが良いです。

 

自宅副業のメリット

  • 自分の好きな時に副業できる
  • 寒くても暑くても関係ない
  • 煩わしい人間関係に悩まなくていい
  • 頑張り次第でめちゃくちゃ稼げるものもある

 

正直、一度自宅で稼ぐ技を身につけてしまうとわざわざバイトに行くことがいかに面倒で非効率なのかが分かりますね。

無駄に上司を増やすことなくマイペースに稼げるので、精神的にもとても楽です。

 

「在宅で稼ぐ」となるとまず真っ先に「怪しいな」と思うかもしれませんが、メジャーなものを選べばまず安全です。

 

今回はその中でも手軽にできるものを3つご紹介します。ぜひ状況に合わせてあなたに合ったものを選んでください。

 

「クラウドワークス」でコツコツ稼ぐ

クラウドワークスは、登録者数国内最大のクラウドソーシングサービスです。

 

HPを見ると

システム開発、アプリ開発、ウェブ制作、ロゴマークやチラシのデザイン、ライティングなどを始め、仕事カテゴリーは200種類以上。

と書いてあって「システム開発?アプリ開発?私には無理!」と思うかもしれませんが、実際に見てみると簡単なアンケートやライティング(経験談を書くなど)があったり、完全に未経験でも取り組める案件がたくさんあります。

 

単価は、数十円のものから数万円のものまであります。(スキルやかかる時間、内容によってだいぶ変わります)

 

ちなみに仕事検索で「簡単」と入力すると、たくさんの仕事関連の案件が出てきます。

 

他にも、データ入力やドラマの感想、商品レビューなど、誰でも気軽にできる案件がたくさんあります。

 

やればやるほど(クライアントに承認されれば)報酬が増えていくので、ぜひ空いた時間にどんどん取り組んでみましょう。

クラウドワークスの案件を見てみる

 

Youtubeで稼ぐ

今、これを読んで「Youtube?絶対嫌だよ!」と思った方もいるかもしれませんが、Youtubeで稼ぐ=決して「ヒカキン」のように顔出しで何かをやらなければいけないわけではありません。

 

Youtubeと言っても、顔出し一切なしで稼いでいる人もたくさんいます。

 

たとえば

  • ペット(動物)の動画
  • おもちゃのレビュー動画
  • 学習チャンネル
  • マンガ動画

など挙げればキリがありませんし、チャンネル登録者が増えれば増えるほど報酬も正直「えげつない」です。

 

特に2020年から5G(第5世代移動通信システム)が始まり、今よりも圧倒的に通信速度が上がります。

芸能人もこぞってYoutubeに参入しているのを見ても分かりますが、今後ますます動画が主流になっていくのは目に見えてますね。

 

とは言え、まだまだ始めている人が少ない=ライバルが少ないとも言われているので、今のうちにYoutubeに着手しておくのは賢い選択だと思いますよ。

 

ただし、収益化できるのは「チャンネル登録者数1,000人を超えたら」です。

そこまでが辛く大変なので、ある程度の覚悟を持って始めるようにしましょう。

 

ブログ運営(アフィリエイト)で稼ぐ

「動画はちょっと、、、私はどちらかと言えば文章の方が好き」

という方は、Youtubeではなくブログアフィリエイト向きです。

アフィリエイト・・・自分のブログなどに広告を貼り、そこからの購入が発生すると報酬が発生する仕組み

 

アフィリエイトと言うと「怪しい」というイメージが先行しがちですが、要は「読者の役に立つ記事を書き」「読者に最適なサービスを紹介する」というだけなので、全く怪しくないです。

 

現に、私もこうしてブログを運営しています。

他記事やツイッターを見てもらえれば分かる通り、いたって普通の社会人です。(怪しいと思われていなければいいのですが、、)

 

ただ、ブログの方もYoutubeと同様、最初は「全くもって」稼げないです。

なので、今すぐお金が欲しい、毎月一定以上のお金が欲しい、という人には向いてないです。

 

とは言え、ブログもYoutubeのように夢のある副業だと思っているので(私の場合はそれに「楽しい」も追加)、長いスパンでコツコツやれる人にはおすすめですね。

 

補足

ブログ運営だと最終的に「サイトを売る」という方法もあります。

私は先日このオファーを受けました。断ってしまいましたが、中には「ブログを育てる→売る」という方法で稼ぐ人もたくさんいるそうです。

 

【補足】ポイントサイトはおすすめしない

ちなみに「自宅で手軽に」というと「ポイントサイトで稼ぐ」という方法もありますが、経験上あまりおすすめしません。

理由は「単価が安いから」そして「時間がかかる割に対して稼げないから」です。

 

たまにポイントサイトで稼いでいるという人がいますが、そのほとんどが友達紹介や成果報酬(クレジットカードを発行するなど)です。

 

ポイントサイトでお金を貯めるとしたら「そのサイト経由で買い物してポイントを貯める」くらいのゆるい方法で使うくらいの方が良いでしょう。

 

 

 

副業をしたら金額関係なく「申告」が必要

そして、副業をした時に必ず行わなくてはいけないのが「申告」です。

 

まず、1年(1/1~12/31)の間で20万以上の「所得」があったら、必ず確定申告をしないといけません。

所得・・・収入金額ー必要経費(これが20万を超えたら、要確定申告)

 

そして、20万円以下の場合は確定申告の必要はありませんが「住民税の申告」をする必要があります。

 

これはあまり知られていないためスルーしてしまう人が多いとのことですが、厳密には「脱税」にあたってしまうので、少額でも稼いだのなら必ず住民税の申告をするようにしましょう。

 

支払う住民税は、一律「所得金額の10%」です。

例)所得金額が10万円なら、支払う住民税は年間で1万円

 

副業の他にも「転職」という選択肢もある

ここまで読んで「なんか副業ってちょっとめんどくさくない?」と思ったあなた。

ですよね。たしかに自分でも書いていてそう思います。笑

 

そんなあなたは、副業で稼ぐのではなく思いきって転職する方が効率的です。

 

実際私も派遣から紹介予定派遣を経て正社員になり、年収がおよそ100万円アップしました。

 

一度転職に成功しまえばわざわざ空いた時間にコツコツ作業をしなくて良いですし、余程のことが無い限り毎年その年収(+年によって昇給)が確保されるので精神的にも安心です。

確定申告もわざわざしなくて良いですしね。

 

転職なんてどうせ無理だ、なんて思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

そもそもこのまま派遣でいても同じ場所で最長で3年しか働けないですし、そのたび派遣を転々とするのって結構きつくないですか?

それならば1年でも2年でも若いうちに転職した方が圧倒的有利ですよ。

 

なお、派遣から正社員への転職に関しては下記記事も参考になると思います。

少しでも「派遣を抜け出したい」「このままじゃ不安」と思うなら、ぜひこちらも合わせて読んでみてください。

▼私の知人が派遣→正社員に転職できた転職エージェント(利用者71%が年収アップ)▼

まとめ:現状に不満があるなら、今すぐ動こう

派遣に関しては、2020年から「同一労働同一賃金」(同じ仕事内容なら正社員と同待遇になる)がスタートすることによって、状況が良くなるどころかますます境遇が悪くなることが予想されています。

参考過度な期待は禁物!「同一労働同一賃金」で派遣切りはさらに増える

参考同一労働同一賃金で無期雇用派遣は「対象」でも安定からは程遠い

 

今派遣として働いていて不満や不安を抱えているのなら、正直何もしないのはマズいです。

副業でも良し、転職でも良し。とにかく今すぐ何らかの行動を起こすようにしましょう。

スポンサーリンク

-副業
-,

Copyright© アラサー女の派遣生活 , 2020 All Rights Reserved.