派遣

上司に言われて腹立つ言葉10選!こう解釈したら、うまくいく【ストレス撃退】

2021年8月4日

 

突然ですが、働いてて上司から腹立つ言葉を言われることってないですか?

 

もちろん、場合によっては「パワハラだ!」と訴えることはできます。

ですが実際は何も言えず、ストレスを抱え、我慢しながら働いている人が大半なのではないでしょうか。

さくら
私もいつも何も言えませんでした。

でも心の中ははらわたが煮えくり返っていました。

 

ですが、それではストレスが溜まる一方です。

自分に改善すべき原因があるのなら話は別ですが、ただグチグチ言いたいだけの上司の一方的な嫌味なら、深く考えずにスルーしてしまった方が【あなたにとって】何倍も良いです。

 

そこで今回は、上司に言われがちな言葉に対して「こう考えたら楽になったよ」という思考法を、経験談を元にご紹介します。

これ以上ストレスを抱えて毎日過ごすのは今日でやめにしましょう。

 

仕事中に言われがちな腹立つ言葉6選

 

「何でそんなに時間かかってんの?」

会社に入りたてだったりまだその作業に慣れていない段階で言われることが多い、このセリフ。

でも、最初はある程度時間がかかるのは当たり前。だから全く気にすることないです。

みんな最初は遅いんですよ。あなただけじゃないです。

しかもここで焦って急いでやると必ずミスが出ます。

すると今度は「早くやればいいってもんじゃないだろ」と怒られるのがオチです。

どちらにせよ怒られるなら、今は多少時間がかかってもじっくり丁寧にやった方が良いですよ。(スピードは後からついてくるので、大丈夫)

 

「何でこんなこともできないの?」

本来、上司がすべきは「非難」ではなく「指導」のはず。

それなのにただ非難(人格否定)だけして、何も指導しようとしないのはただの【上司の怠慢】です。

また、いくら非難されてもできないことはできないので、必要以上に自分を責めることないです。

責めても何も解決しません。できないものは、今後できるようにしていけばいいんです。

非難してバカにしてそれで終わりな上司なんて、その程度の上司ってことですよ。

 

「こんなの言わなくても分かるだろ」

「言わなくても分かる」ということの大半は、実は言われなきゃ分からないことだったりします。

それに、たとえもし分かるようなことでも勘違いやミスを極力なくすためにもやっぱり「言葉」は大事です。

それを省略して自分勝手に「何で分からないんだ」と批判するって、こちらも立派な怠慢ですよね。

だから必要以上に落ち込む必要ないですし、分からないものは分からないんですから、何を言われてもそれを「恥」と思わず堂々と質問すればいいんです。

何も指示されなくても的確に動ける人はすごいと思いますが、実際にはそんな存在「稀」ですよ。

 

「君の代わりはいくらでもいるからね」

はい。たしかに代わりはいるでしょう。いち社会人ですからね。

ていうか、むしろいないとヤバイですよ。

あなたがいないと仕事が回らない=休めない、辞められないってことになりますから。

だから、私がこれを言われたらむしろ「じゃあいつ辞めても大丈夫なんだ!」と考えて、気楽に仕事します。

こんなパワハラ上司がいる会社でも、いつでも辞められる(と上司も言っている)というのは、ある意味ラッキーですよね。

(実際は辞めると言うとめっちゃキレてきたりしますが、そこは「代わりはいくらでもいるんですよね?」と言ってしまえばOK。)

 

そしてもうひとつ。

あなたと同じように隣の席の人も、そしてその暴言を吐いている上司の代わりだって、当然います。

だから上司がこの言葉を言ってきたら「お前もだろ」と心の中で思って軽くかわしておきましょう。

 

「〇〇さんと比べて君は・・・」

コレ、他人と比較してあなたにもっと頑張ってもらいたいのかもしれませんが、逆にやる気をなくす一言ですよね。

そもそもあなたとその同僚(比べている対象の人)は全く同じ人間じゃないんですから、全く同じように仕事ができなくて当たり前。

得意不得意だって人によって違いますし、それまでの経験だって同じではありません。

ただ「入った時期が同じ」「やっている業務が同じ」「同じ『派遣』」とかの理由で比較する上司の多いこと!

 

もちろん、その人と比べて自分にもっとできること、努力できることがあればした方が良いです。努力すること自体はとても良いことですから。

ですが、まずは他人どうこうよりも「前より正確にできるようになった」「前より早くこなせるようになった」など昔の自分と比べて少しでも進歩しているならヨシとしましょう。

 

「この仕事向いてないんじゃない?」

もしこれを入ってすぐに言われたのなら、完全にスルーしてOKです。

なぜなら、入ってすぐにすべてうまくこなせるにできる人なんていないから。

できない事が多いのに、すぐに「向いていない」と判断できるって、何ですか?芸能事務所のスカウトマンか何か?って言いたいですね。

本来向いてるか向いてないかなんて何年もかけて少しずつ分かっていくもの。

ただ、何年働いても言われるor自分にも思い当たる節がある場合は、残念ですが「本当に向いていない」可能性もあります。

その時は、あれこれ悩むよりスパッと別の職種への転職を検討するのもアリですよ。

 

辞める時に言われがちな腹立つ言葉4選

ただ、いざ辞めるという意思を伝えた時にも言われがちな「腹立つ言葉」がいくつかあります。

もし以下のようなことを言われたら、こう考えましょう。

 

「ここで頑張れないならどこ行っても同じ」

これ、よく言う上司いますよね。

ですが、当然ですがどこ行っても同じとか通用しないとか、そんなことありません。

そもそも転職経験がない上司がこれ言ってたりするので信ぴょう性ゼロです。

 

たとえ似たような業務でも、会社が違えば働く環境や人間関係はガラリと変わります。

私自身、過去に地獄のような会社から一転天国のような会社で働いた経験があり、前の会社で頑張れなかった自分が嘘のように生き生きと働くことができました。

同じ自分でも、環境次第で180度別の人間のような人生を送ることができるんです。

そもそもあなたはすでに「ここで頑張れないなら」などという暴言を吐く上司がいる会社で今まで頑張ってきたのですから、よほどの事がない限りどの会社でも通用すると思いますよ。

 

「恩を仇で返すのか」

私も言われたことありますが、ぶっちゃけその人に恩なんてひとつもありませんでした。

そもそも恩は「受けた側」が感じるものであって、与えた(と思っている)側の上司が一方的に押し付けてくること自体間違っています。

それに、あなたは今まで必死にその会社のために働いてきたわけですから、十分恩返しできてますよね。

 

「辛いことから逃げるのは甘えだ」

こういう事を平気で言えるひとは、そもそもその場から逃げたくなるくらい辛い経験をしてない。

同じ土俵に立った上でのアドバイスでも何でもないから、変に真に受けて無理して頑張る必要ないです。

それに、逃げるのは甘えでもなんでもありません。

むしろ今この瞬間に逃げる選択をしないとずっと逃げられなくなってしまって、いつか今以上に精神崩壊します。

正常な判断ができる今のうちに、堂々と逃げましょう。

 

「無能なお前が転職なんてうまくいくわけない」

これも立派な脅し文句ですが、これを言われたら

「そんな無能な私を今まで指導していただいてありがとうございました」

と返せばOK。

無能だと思ってるのなら、とっとと手放してもらって結構!ですもんね。

逆にそのセリフを言って引き留めようとしてるのなら、実は「あなたは有能」と言っているようなもんです。

なので辞めると言って怒られる→このセリフを言われたら、有難い言葉と思って受け止めておきましょう!

 

どうしても「スルー出来ない」という時は

ちなみにこのサイトは派遣向けブログですが、派遣社員に対してのパワハラ発言も結構あります。

中には「派遣だから」下に見て酷い発言をしてくる上司もいるのでほんと腹立たしいですよ。

 

とは言え、いくら「スルーしよう」と思っても、繰り返し暴言を吐かれたり圧をかけられたら精神的に落ち込むのは当たり前。

もしかしたらスルーできないくらい我慢の限界が来てしまうかもしれません。

 

その時は、手っ取り早く派遣先を変える、がベストです。

というのも、理想的なのは「派遣担当に相談して改善される」なのですが、実際は相談しても(派遣先の上司となると特に)状況が変わらないことが多いからです。

 

ちなみに私の場合、

  1. 担当が派遣先に何も言わない→現状変わらず
  2. 派遣先に報告したことによって余計状況が悪化

を経験しました。

 

なので、状況が改善する可能性にかけて(部署替えなどを期待して)相談するのはアリですが、これ以上関わりたくない・・・というのなら、正直派遣先を変えてしまった方がよっぽど手っ取り早いし、確実です。

ブラック体制がまかり通ってる派遣先なら、契約満了を待ってとっとと見切りをつけましょう。

 

契約満了まで待てない場合は?

まずは、詳しい状況そして我慢の限界だという旨を担当に伝えましょう。

状況によっては契約途中の退職を了承&次の派遣先を紹介してくれることもあります。

それでもどうしても無理なら退職代行を利用するという手もありますが、くれぐれもバックレだけはしないようにしてくださいね。

参考記事派遣のバックレはその後「余計面倒」な事態になる【スムーズに辞める】

 

また、派遣の場合は見極めが難しいですが、求人の応募要項などである程度「ブラックかどうか」を判断することができます。

次に働く企業を見極める際にはぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
ブラック企業に入りたくない!転職前に必ずすべき13のチェックポイント

転職するなら、絶対にブラック企業なんかに入りたくないですよね。     このように、ブラック企業だと、一見「あり得ないでしょ?」と思うようなことが当たり前のように行われています。 ...

続きを見る

 

まとめ

基本、上記のようなパワハラまがいのセリフを吐くような上司は

  1. 文句を言うことで自分のストレスを発散させたい
  2. 部下を自分の支配下に置きたい

のどちらかのケースが多いです。

 

もちろん、中にはあなたの事を考えて(指導的な意味で)言っている人もいます。

ただ、そういう時はその場の雰囲気や状況ですぐに分かるはずです。

少なくともあなたが嫌な気持ちになっている時点で、その人は「良い上司」とは言えませんよね。

 

そんな上司の言葉は、一にも二にも「真に受けないこと」。

できるだけ自分の都合の良いように解釈して、うまく心のバランスをとるようにしましょう。

 

【20代&30代】派遣から正社員になるためのおすすめ転職エージェント

→30代の方はこちら(クリックで下に飛びます)

 

20代派遣女子におすすめのエージェント3選

第二新卒エージェントneo

おすすめポイント

  • 1人1人に対するサポート時間が長い!
  • 100%企業を直接訪問しブラック企業を徹底排除!
  • カウンセラーの年齢や境遇が近く相談しやすい!

第二新卒エージェントneoは何と言ってもキャリアカウンセリングに時間をかけているところが大きなポイント。

なんと、1人あたり平均8時間以上!

1時間の面談も平均4~5回行い、仕事に対する価値観や思い、今抱えている悩みなど全てをさらけ出すことから始まります。

その上であなたに本当に合った企業を判断&厳選して紹介してくれるので、仕事へのミスマッチを極力減らすことができます。

「何がやりたいか分からない」という人はもちろん、「本当に自分に合った仕事を紹介してほしい」という人は必ず登録すべきエージェントです。

 

doda

おすすめポイント

  • 求人数約10万件と国内最大級!
  • 女性の転職に力を入れている!
  • 応募書類の添削サポートの評価が高い!

dodaの特徴は、何といっても未経験者やそれ以外も含むトータルの求人数が「ずば抜けて」多いこと。

大手や有名企業との取引も多く、独占求人も多いため「他では見つからなかった優良案件」に出会う可能性も高くなります。

また、dodaはサポート力に定評があり、「dodaの添削を受けた職務経歴書で転職できた!」という声もあるほどです。

これまで派遣でつちかった能力を活かしたい人、圧倒的なサポートの元転職したい人はdodaへの登録は必須ですよ!

 

就職shop

おすすめポイント

  • 未経験者OKの求人ばかり8,500社以上!
  • 書類選考一切なしで面接まで進める!
  • 正社員未経験者の多くが転職成功してる!

就職shopはあの業界最大求人数を誇る「リクルートエージェント」と同系列です。

実績や経験を重視する求人が多いリクルートエージェントとは違い、経験の浅い20代をメインターゲットに「未経験歓迎」の求人に絞って求人を紹介しています。

また、未経験というと営業を紹介されるイメージが大きいですが、就職shopで転職した女性の約4割が「事務・アシスタント」業務へ転職しています。

「今までの経歴に自信がない」「書類選考でいつも落とされる」という人は、ぜひ書類選考一切ナシの「就職shop」を利用するようにしましょう。

 

 

30代派遣女子におすすめのエージェント3選

doda

おすすめポイント

  • 30代の利用者が多く、30代向けの求人が豊富!
  • 実際に企業人事をしていた人がアドバイザーとして多数在籍!
  • 「スカウトサービス」機能で企業からの直接オファーが来る可能性も!

dodaは20代おすすめに続き、30代の派遣社員にとっても非常におすすめの転職エージェントです。

というのもdodaの利用者の半数以上は20代~30代なので、自分に最適な求人に多く出会いやすいというメリットがあるからです。

またdodaは応募書類の添削に定評があり、dodaの添削のおかげで転職に成功したとの声も実際にあります。

コロナ禍でも約10万件の求人を持っているdodaはやはり「強い」です。

より多くの求人に出会うためにも、必ずdodaへの登録は済ませるようにしましょう。

 

JAIC

おすすめポイント

  • 未経験から正社員での就職成功率 81.1% !
  • 書類選考なしで約20社の優良企業と面接できる!
  • 30代限定/女性限定の就職講座あり!

JAICは派遣社員やフリーターなどこれまでに正社員経験が無い(もしくは浅い)人向けに特化した転職エージェントです。

ちなみに上の広告は34才までとありますが、現在は39才まで支援可能です。

案件全てが正社員で、しかも書類選考なく面接を受けることができるので経歴に自信がない人でも臆することなく活動することができます。

また、企業を何度も訪問することでブラック企業を排除しており、事実入社後の定着率「91.3%」と非常に高い数字を誇っています。

30を過ぎて今の経歴に自信がない、でも30代の今のうちに正社員になりたい!という人は、JAICへの登録は必須です。

ワークポート

おすすめポイント

  • 今後ますます伸びる「IT系」に未経験で転職できる!
  • 求人を出し惜しみなくどんどん紹介してくれる!
  • リクナビNEXT主催の「転職決定人数」No.1を何度も受賞!

ワークポートはIT系やWEB系に強い転職エージェントです。

他の業種も取り扱ってはいますが、元々IT系に特化していたというだけあって圧倒的にIT系の求人が多く、他にはない独占求人も多くみられます。

また女性に向けた転職サービスも行っており、女性のための専任コンセルジュ(アドバイザー)が「女性が働きやすい求人」を厳選して紹介してくれます。

「手に職をつけて働きたい!」「IT系やWEB系に興味がある!」という人は迷わずワークポートへの登録するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

-派遣
-, , ,