転職

【口コミから分かる】ワークポートでの転職活動に向いている人、向いていない人の特徴

2020年9月13日

IT・WEB業界やゲーム業界に強いと言われている「ワークポート」

未経験者の転職サポートにも強いとあって、働きながらスキルを習得したい!という人に最適な転職エージェントです。

 

とは言え、ワークポートは比較的評判が分かれやすく、実際に口コミを見てみても「最高!」「最悪!」とさまざまです。

さくら
実際、ワークポートは他の総合型転職エージェント(リクルートエージェントやdodaなど)と比べて明らかに異なる点がいくつかあります。

 

そこで今回は数々の口コミより、ワークポートの特徴とどんな人に向いているのか、逆にどんな人は向いていないのかを分かりやすくまとめました。

 

ワークポートに登録しようか迷ってる!という人はもちろん

  • ワークポートってぶっちゃけどうなの?
  • 他エージェントとの違いは??

といったことを詳しく知りたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

ワークポートの詳細はこちら

 

スポンサーリンク

ワークポートの評判 よく聞く悪評トップ3

その1:希望の求人がない

はな
ワークポートはたくさん求人を紹介されると聞いたけど、私が行ったら全然だった。

むしろ希望に合う求人はないと言われた。

 

ワークポートに登録した人の中には「希望の求人がない!」「全然希望の求人を紹介されない!」といった不満を抱く人もいます。

特に、ITやWEB系以外の業種を希望している人からの声が多いです。

 

事実、ワークポートは幅広い業種や職種の求人を扱う『総合型転職エージェント』ではありますが、やはりIT・WEB系が圧倒的に強いです。

 

というのも、ワークポートははじめの10年間は「IT分野に特化したエージェント」だったからです。

未だに多くのIT系の企業との強いつながりがあり、企業側も求人を出す時にはじめにワークポートに声をかけるところが多いそうです。

 

ただ、逆に言うとIT・WEB系に就職したい!という人にとってはワークポートは必須の転職エージェントになります。

 

さくら
逆にIT系やWEB系以外の業種を希望する人は、dodaや第二新卒エージェントneoなど他の総合型エージェントを利用することをおススメします。

 

その2:コンシェルジュの対応が事務的(冷たい)

はな
担当の人の対応が事務的で冷たく感じた。もっと親身になって話聞いてくれるんだと思ってたのに。

 

ワークポートを利用する人の中にはコンシェルジュ(キャリアアドバイザーのこと)について「対応が事務的」「冷たい」と感じる人もいるようです。

 

実質、ワークポートは「じっくり時間をかけてサポートする」というよりは、できるだけスピーディーに、結果を求めるタイプです。

なので対応もマニュアル化しており、人によっては「冷たい」と感じてしまうのかもしれません。

 

ですがワークポートは対応こそ事務的な部分もありますがしっかりと話を聞いてくれますし、それに合った求人を他エージェントと比べても「圧倒的に多く」紹介してくれます。

 

より多くの求人を紹介し、限られた時間でどんどん積極的に応募していきましょう!という意欲が伝わってくるので、できるだけ早く転職したい人!という人に向いているエージェントと言えます。

 

 

逆に、ゆっくり時間をかけて話を聞いてほしい!人となりをよく見てから紹介してもらいたい!という人には面談に時間をかける「第二新卒エージェントneo」がおすすめです。

 

その3:ブラック企業が多い

はな
求人たくさん紹介してもらったけど、その中にブラックかな?って思うやつもあって微妙…。

 

正直、これはワークポートに限ったことではありません。

他の転職エージェントでも、たとえ大手のエージェントさえもありえることですし、それを完全に防ぐことはできません。

さくら
ブラック企業徹底排除!と謳っているところも、100%ブラックを排除することはできません。

 

なので、ワークポートに限らずですが求人を紹介された際は必ず以下を行うようにしてください。

 

  • 応募要項を隅々までチェックする
  • 少しでも気になったところがあればコンシェルジュに確認
  • 企業の口コミサイト(転職会議)や社会人向けOB訪問サービス(CREEDO)を活用する
  • 低評価内容が自分にも当てはまるか見極める(価値観によってブラックと捉えない場合もあるので)

 

それでもどうしてもブラックと感じた時は、断固として断ること。

そして改めてあなたの譲れない条件等をハッキリとコンシェルジュに伝えるようにしましょう。

 

ワークポートに向いてる人&向いていない人まとめ

 

ワークポートに向いてる人

  • ITやWEB系、ゲーム系の仕事に就きたい
  • できるだけ早く転職したい
  • たくさんの量の求人を紹介してほしい
  • 自分である程度求人の良し悪しを判断できる

 

ワークポートに向いていない人

  • 事務や営業など、IT系ではない求人をたくさん紹介してほしい
  • 多少時間がかかっても良いのでじっくり話し合い、求人を見極めたい
  • 少なくて良いので、希望に合致した求人のみを厳選して紹介してほしい

 

→ワークポートに登録する(無料)

 

ワークポートのその他の特徴 他社とはここが違う!

その1:求人や進捗状況をリアルタイムで知れる

ワークポートに登録すると「eコンシェル」という専用ツールにアクセスすることができます。

 

eコンシェルでできること

  • 担当コンシェルジュとメッセージのやりとりができる!(イメージ:LINE)
  • 面接スケジュールがひと目で分かる!
  • 面接予定企業の最新情報を自動で表示!
  • 過去に同じ会社を受けた人の感想・質問内容などを事前に確認できる!
  • 希望条件に合った求人を自動でお届け!(ワンクリックで応募可)
  • 項目を入力するだけで履歴書&職務経歴書が作れる!

 

おすすめの求人は毎日更新されますし(社名含む)、応募した状況や現在の選考状況もリアルタイムで分かります。

何よりわざわざコンシェルジュに確認しなくて良いので、働きながらでも効率よく転職活動することができますよ!

 

 

さくら
eコンシェルはワークポートならではの画期的なツール!

アプリ版もあるので、通勤途中や休憩時間といったスキマ時間でもサクサクと転職活動を進めることができます。

 

その2:完全未経験向けの無料エンジニアスクールがある(ただし20代向け)

ワークポートは未経験でもIT系への転職がしやすいエージェントではありますが、未経験と言っても「独学で知識を得ている」「スクールを卒業している」といった経歴がないと正直厳しいです。

 

未経験と言っても、実際は「実務未経験」という意味合いの求人が多いです。

 

ですが、ワークポートではそのような完全未経験者向けに、無料のエンジニアスクール「みんスク」を開講しています。

 

みんスクでは、プログラミングの教材や学習指導だけでなく、その後の求人紹介、面接対策まで「すべて無料で」サポートしてくれます。

 

みんスクの概要

完全無料

教室での自己学習形式

分からないことは専門の講師にいつでも聞ける

好きな時間に好きなだけいれる

希望であれば在宅もOK

途中で辞めてもOK

みんスク卒業者のみ応募可の求人多数あり

 

ただし、30代は残念ながらみんスクを利用することはできません。

30代で完全未経験(だけどIT系に転職したい!)という方は、tech boost(テックブースト)』などのプログラミングスクールを受講することをおすすめします。

 

ちなみにtech boostは有料にはなりますが、

  • 1人につき1人の担当メンターが付く
  • 目的に合わせた最適なカリキュラムを選べる
  • エンジニアに特化した人材紹介サービスを運営(質の高い転職サポートを受けられる)

など、有料だからこそ受けられる手厚いサポートがたくさんあります。

 

無料の説明会(オンライン可)も随時開催しているので、少しでも興味のある方はぜひ申し込んでみましょう。

tech boost(テックブースト)公式サイト

※あくまでも説明会なので、自分に合わないなと感じたらそのまま入会しなくてOKです。

 

その3:女性でも転職しやすい

IT系やWEB系に強いというと、どうしても「男性に向けた求人ばかり」と思いがちです。

ですがそれは大きな間違いで、ワークポートには女性が活躍しやすい求人や働きやすい求人が豊富にあります。

 

また、ワークポートは女性に向けた転職サービスを設けており、女性のための専任コンシェルジュが数ある求人の中から特に「女性が働きやすい求人」をピックアップして紹介してくれます。

 

 

また、それだけでなく

  • 女性ならではの仕事の悩み
  • ライフ設計におけるキャリアプラン

 

といった相談も親身になって相談できるので、女性でも安心して転職活動を行うことができます。

→ワークポートに登録する!

 

 

ワークポートの会社概要

ワークポート
運営会社 株式会社ワークポート
設立 2003年3月(実績17年)
求人エリア 全国
支社エリア 東京、横浜、千葉、埼玉、仙台、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡
取引企業数 常時30,000件以上(非公開含む)
特徴 ・転職決定人数部門第1位
・利用者実績50万人
・ITやWEB、ゲーム関連に強い
・多機能オリジナルツール「eコンシェル」
・無料エンジニアスクール「みんスク」
コロナ対策 ・電話での面談
・オンライン面談
・対面での面談
・ソーシャルディスタンス面談

 

さくら
ワークポートは過去に何度もリクナビNEXTやパーソルキャリア調査の「転職決定人数部門」で1位をとっています。

一度にたくさんの求人を紹介してもらいやすいため、数多くの中から自分に合った求人を比較検討しやすいです。

→ワークポートに登録する

 

ワークポートの口コミ

まずはコンシェルジュのサポートについて。

実際に利用した声を聞くと「親切に対応してくれた」との声が多いです。

 

 

次に紹介される求人についてですが、こちらは正直利用者によってまちまちといった感じです。

特に地方だと都内に比べて求人数がグッと少なくなることがあるようなので注意が必要です。

 

→ワークポートに登録する

 

ワークポートのよくある質問

面談の内容は?

最初の面談では、主に以下のようなことを話し合います。

  • 今までの経歴について
  • 今後どういった仕事をしたいか
  • 履歴書や職務経歴書の添削&アドバイス
  • 求人の紹介

 

時間はおよそ「1時間~1.5時間」ほどです。

 

なお、面談で話す内容をまとめておきたい!という場合は、ワークポートの専用フォーム(WEB登録、電話連絡が来た後メールが届く)にて話す内容を事前に入力しておくこともできますし、面談の予約もWEB上でできるのでとても便利です。

さくら
空いた時間にサクッとできるので、働きながらでも進めやすいです。

 

また、現在はコロナの影響で自宅にいながらでも(電話またはオンラインで)面談することが可能です。

 

みんなどのくらいで転職しているの?

ワークポートを経由して転職した人の多くは登録から1ヶ月~1.5ヶ月ほどで転職成功しています。

ただ、中には早い人で1~2週間で内定がもらえた!という人もいます。

 

ワークポートは多くの求人をどんどん紹介してくれる&どんどん応募スケジュールを組んでくれるので、「できるだけ早く転職したい!」という人必ずはその旨をコンシェルジュに伝えるようにしましょう。

→ワークポートに登録する

 

まとめ

今一度、ワークポートに向いている人と向いていない人の特徴をまとめておきます。

ワークポートに向いてる人

  • ITやWEB系、ゲーム系の仕事に就きたい
  • できるだけ早く転職したい
  • たくさんの量の求人を紹介してほしい
  • 自分である程度求人の良し悪しを判断できる

 

ワークポートに向いてない人

  • 事務や営業など、IT系ではない求人をたくさん紹介してほしい
  • 多少時間がかかっても良いのでじっくり話し合い、求人を見極めたい
  • 少なくて良いので、希望に合致した求人のみを厳選して紹介してほしい

 

IT系というと「難しそう」「ハードルが高そう」といったイメージが先行してしまいがちですが、だからこそIT系に強い「ワークポート」は登録必須です。

 

少しでもIT系に興味があるなら、ぜひ一度ワークポートに相談してみてくださいね。

 

\転職決定人数No.1!未経験からIT転職を目指す/

公式サイトへ

 

スポンサーリンク

-転職
-, ,

© 2021 アラサー女の派遣生活

\転職決定人数No.1!未経験からIT転職を目指す/
詳細はこちら
\転職決定人数No.1!未経験からIT転職を目指す/
詳細はこちら